彼氏にケーキを食べさせます / 食べるようにさせます / 食べるようにします

  •  
  • 492
  • 3
  • 1
  • English 
Aug 21, 2011 10:28 Japanese_language 「使役」
Through this activity, children become interested in recycling and can understand the unique Japanese expression “Mottainai”.
こうした活動によって、子供達がリサイクルに興味を持ち、日本特有の「もったいない」という感覚を理解させることが出来ます。 (a)

This usage of Japanese is odd, though I can understand why the writer made a mistake. Anyway, this sentence is a good example of causative expressions in Japanese.

One option: you unify phrases into non-causative ones. It is an easy way.
こうした活動によって、子供達はリサイクルに興味を持ち、日本特有の「もったいない」という感覚を理解できるようになります。(b)
This sentence is natural enough. Attention: you need to use “は” instead of “子供達が”.

Another option: you unify phrases into causative ones.
こうした活動によって、子供達にリサイクルに興味を持たせ、日本特有の「もったいない」という感覚を理解させることが出来ます。(c)
“~によって,誰々に……させる” is a common collocation. The first example in Japanese is missing in the object, 子供達に, of 理解させる, so it is odd.

Another option:
こうした活動によって、子供達がリサイクルに興味を持ち、日本特有の「もったいない」という感覚を理解するようにさせることが出来ます。(d)
This sentence is more elaborate. The relationship of (c) and (d) is like this:
B × A + C × A ----- (c)
(B + C) × A ----- (d)
A is “させる”.
Understanding which is more natural between (c) and (d) is difficult in this example. Generally, the Japanese language does not like explicitly expressing させる, so (c) can often sound more unnatural than (d).

Summary:
I make my boyfriend eat a cake.
彼氏にケーキを食べさせます。(e)
彼氏がケーキを食べるようにさせます。(f)


Moreover, you can make (f) more elaborate.
彼氏がケーキを食べるようにします。(g)
This sentence is often used as the meaning (e) and (f). This is because it can hide させる on the surface, so it often sounds more natural. Instead, (g) depends on the context.

Accordingly,
こうした活動によって、子供達がリサイクルに興味を持ち、日本特有の「もったいない」という感覚を理解するようにすることが出来ます。(h)
This sentence is also possible. Even though するようにする sounds lengthy, not having させる is often better.