Chiku Chiku (ちくちく - Prickling)

  •  
  • 273
  • 1
  • 1
  • English 
Apr 13, 2018 12:51 English essay
I am now feeling "chiku chiku" (ちくちく) at my throat.

In other word, "nodo ga itai" (喉が痛い - My throat hurts.)

"Chiku chiku" is a kind of onomatopoeia, and it represents to stick a needle repeatedly.

For example, you can say "me ga chiku chiku suru" (目がちくちくする - I feel my eyes prickle.)

In most cases, this term is used when you feel such pinprick-like pain at a part of your body or your heart.

Also, since it can represent mental pain, you can say it to mean that someone says ironies or sarcasms repeatedly.
ちくちく

私は今、喉が「ちくちく」します。

単純に言い換えると、喉が痛いです。

「ちくちく」は擬態語の一つで、針などを浅く繰り返し刺すさまを表します。

例えば、「目がちくちくする」のように使うことができます。

そして、そのような痛みを体の一部や心で断続的に感じるときにも、この表現が使われます。

また、心に針が刺ささるような感覚も表すことから、「ちくちく」は「繰り返し皮肉や嫌味を言う」という意味で使われることもあります。