Atarimae (当たり前 - No Wonder) Part 1

  •  
  • 42
  • 4
  • 2
  • English 
Sep 11, 2019 17:38 English essay
Atarimae Part 1

When referring to something obvious or what everybody knows, you can use the Japanese term 'atarimae' (当たり前).

There are two major theories about the etymology.

The first theory is that it comes from the terminology used by fishermen and farmers.

When dividing the fish or crops, they called the divided parts for others 'wakemae' (分け前), and called the divided part for oneself 'torimae' (取り前).

Also, the divided part per person was called 'atarimae' (当たり前), because "per person" can be translated as 'hitori atari' (一人当たり) in Japanese.

Since receiving 'atarimae' is a legitimate right, it has come to the current meanings.
当たり前 Part 1

わかりきっていることや、当然なことを、「当たり前」と言うことがあります。

この言葉の語源には、大きく二つの説が存在します。

一つは、漁師や農家の人間が使っていた言葉が広まったという説です。

彼らは収穫物を分配する際に、人に渡す分を「分け前」、自分の取り分を「取り前」と言っていました。

そして、「一人当たり」の取り前のことを「当たり前」と言いました。

「当たり前」を受け取るのは当然の権利であることから、現在の意味を持つようになったというわけです。