Nuka Yorokobi (Short-lived Joy)

  •  
  • 496
  • 2
  • 2
  • English 
Oct 14, 2016 00:04 English essay
Today, I will talk about the Japanese phrase "nuka yorokobi."

"Nuka" means pericarp and seed coat that are produced after polishing grains (bran), "yorokobi" means a joy, and "nuka yorokobi" expresses a short-lived joy.

Originally, "nuka" also expressed "small" or "fine" because of the look.

From this fact, it came to mean something like short-lived, and we came to refer to "a short-lived joy" as "nuka yorokobi."

For example, imagine a situation that you won the big lottery and went to a bank with joy, but one digit was actually different.

This is nuka yorokobi.

By the way, there is no relationship with today's topic, but this entry is the 666th post.
ぬか喜び

今日は「ぬか喜び」という日本の言葉を紹介します。

「ぬか」は穀物を精白した際に出る果皮や種皮のことであり、「ぬか喜び」は「あてが外れて後で落胆するような一時的な喜び」を表します。

もともと「ぬか」はその見た目から、「小さい」「細かい」という意味を持っていました。

それが転じて「儚い」という意味を持つようになり、「儚い喜び」のことを「ぬか喜び」と表現するようになりました。

例えば、宝くじが当選したと思って喜んで換金所に行ったら、数字が一つだけ間違っていた状況を想像してみて下さい。

これがぬか喜びです。

ちなみに、今日のトピックとは全く関係ありませんが、この記事は666回目の投稿です。