最近スペインの小説を読みかけました。

  •  
  • 236
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Apr 29, 2014 02:38
最近スペインの小説を読みかけました。その本で次ぎの面白い話を見つけました。
昔々坊さんは修道院の個室で勤勉に瞑想していました。しばらくして顔の真ん前でクモが下がっていたのを見ると思って怯えました。その威嚇的な虫は日に日に大きくて、醜くなっていって、精神的に動揺していたので先生に相談しました。坊さんは次の瞑想にナイフを手に入れてクモを殺す予定だと言いましたが、先生はしないほうがいいと答えました。その代わりに瞑想するたびにチョークを持っていてくださいと言われました。クモの姿は現われるときに坊さんがクモの毛深くて醜くい腹にx印のマークをつけなければなりませんでした。
それから坊さんは個室に戻りました。クモが出たに殺す衝動を抑えて、先生の妙な指示を従いました。その後年配の先生と話したら、シャツを上げてくださいと頼まれて、若い坊さんの腹にx印がありました。
終わり
みんな確かに怖がらされたり、怒らされたり、させられるものがあるけれど、その現実に対してすべての考えは頭の中にあるので安全性を守るために傷つけようとすると自分自身をいじめて、心の平和を失っているので、意図と逆の結果をもたらします。だから怖くても、もう駄目だと考えても、耐えられないと思っても、冷静に話し合って考えたら問題も変えて、小さくなると思います。