Between The Dream And The Reality  夢と現実の間で、

  •  
  • 634
  • 14
  • 4
  • English 
Dec 15, 2014 20:52
I wonder if my dreams have something to do with reality.

Yesterday, I took a long nap and I was having dreams.

Although I rarely remember any dreams when I wake up, yesterday's one was different. That was so clear that I was hovering between the dream and the reality for a while soon after I woke up.

I was really a mean person in the dream, which baffled me a lot.

The scene is set at my house. There are a tall guy and some kind of an animal, and I am looking at them. The animal looks so cute like a rabbit, but it is standing with two legs. He and the animal are looking out of the window and in a moment, they turn around toward me and talk to me. I don't know why, but I try to ignore them, even worse, I give them the cold shoulder.

The scene changes into a bathroom. A little girl comes over and she seems to want to pee. I know that she is too short to sit on the toilet by herself, though, I once again ignore her and take off. I felt like I'm truly a bad person.

It was the first time for me to feel that way after having dreams in a long time.

I might sound weird, but believe me, that really looked like a real for me.

I couldn't help messaging a friend of mine to say, "I'm agonizing!" (*_*;



&feature=youtu.be


夢って、現実となにかの関係があるんだろうか?

昨日、長~く昼寝をしていた。そして夢を見た。

私はめったに夢を覚えてることはないのに、昨日の夢は違った。 それは、すごくはっきりしていて、起きた後しばらく、私は夢と現実の間をさまよっていた。

その夢の中で、私はほんとうに意地の悪い人だった。そのことで、私は どうしていいかわからなくなった。

舞台は、私の家の中。背の高い男性とある動物がいた。そして私は彼らを見ている。その動物はうさぎのようにかわいくて、でも2本の足で立っていた。彼とその動物は窓から外を見ている。とすぐに、私の方を振り向いてなにか、私に話しかけた。なぜかわからないけど、私は彼らを無視した。さらに 冷たい態度をとったんだ。

舞台は今度は、トイレ。小さな少女がやってきた。彼女は 用を足したいように見えた。彼女は小さくて、一人で便器にすわることは難しいことは 私にはよくわかった。それなのに、私はまた彼女を無視して、向こうに行ってしまった。私はほんとうに自分が悪い人間だと思えた。

こんな気分になる夢をみるのは ほんとうに久しぶりだ。

私って変に聞こえるでしょ? でも、信じて。あの夢は私には まったく現実のように感じられたんだよ。

すぐに友達に 「苦しい!」とメッセージを送ってしまった。(・_;)