「玉虫色の万華鏡」

  •  
  • 689
  • 12
  • 4
  • Japanese 
Mar 23, 2014 05:45
              「玉虫色の万華鏡」
            "The Iridescent Kaleidoscope"

On a fresh spring morning with an azure sky, a vast pond was being covered in petals from a nearby blossoming sakura tree. Petals fell on cotton candy like lily pads, which were spread all over the surface of the water. During that something similar to bright stardust twinkled about.
紺碧の空がある爽やかな朝の春の日で、広々とした池では近くの桜の木の花びらに包まれていました。花びらは水に浮かんだ綿菓子のようなスイレンの葉に降り、そこら中に散らかっていました。その間、明るい星くずはキラキラしていました。

A nymph wearing a pure white sugar dress covered in lace and bows came to marvel at the graceful scenery. Her eyes glittered with excitement for some time, and she gazed at it like a painting at from an art museum. Afterwards, she came to close her eyes with the long and curly eyelashes.
レースとリボンに飾っている純粋な白砂糖なドレスを着てるニンフは優美な景色を観に行っていました。彼女の眼は輝いて、わくわくしていて、そして美術館の絵のように眺めていた。そのあと、長くてカーリーな睫で眼を閉じました。

She took a deep breathe of the spring breeze, and once again opened her eyes, this time to a new scenery.
そよそよ春風を深呼吸して、また眼を開けて、今度全く新しい景色を観ました。

Iridescent bubbles were dancing all around the pond. It seems that the neighbouring aristocrat's children had gone out to play with the bubble toys. They were just imported from overseas, and were quite a hit with the high class.
玉虫色の泡はあちらこちら舞っていました。隣の貴人の子どもたちはシャボン玉玩具と遊ぶために外に出掛けたらしい。最近ばかり外国から輸入した、身分の高い人に人気になりました。

It then struck her that she too had this bubble toy, for her father had given to to her just the day before.
彼女もこの玩具があるとふと気づきました。なぜなら、お父さんは一日前に渡したからです。

Quickly she searched her left pocket and took it out without a moment's notice, then opened it up and blew through the small plastic circle.
早く左のポケットの中に探して持ち出して、小さなプラスチックのサークルに吹いていました。

As she blew the shy bubble grew more and more, and stared to change from its round shape. Within a few minutes it had the shape of a dragonfly.
吹きながら照れている泡はもっともっと大きくなるつつあり、泡の丸い形から変わってきました。数分後、蜻蛉の形になりました。

Slowly but surely, the bubble dragonfly took tangible form, and flew off into the vastness of the pond.
じわじわ蜻蛉は触れられる形になり、広々とした池の中へ飛び出していました。

The girl was in astonished. Perhaps she had not yet woken up? At once she rubbed her eyes to check if she had truly been awake.
彼女はきわめて驚きました。
もしかしてまだ醒めてなかったのだろう?
手で目をこすっていました。

Upon doing so the dragonfly came back to her like a faithful dog. Close up she could see that the dragonfly's wings were changing colour like a kaleidoscope,
which enchanted her like a witch's spell.
そうして、蜻蛉は忠義な犬のように帰ってきました。蜻蛉の羽は万華鏡のように色を変えていたと近く観て気づきました。まるで魔女の呪文のようでした。


The dragonfly was clairvoyant, and thus decided to tell her a secret as a reward for letting him free from the bubble toy.
蜻蛉は千里眼だったので、ご褒美のよういに秘密を教えることができました。

"If you drink the water of the pond you will forever remain immortal," buzzed the dragonfly.
「お嬢様は池の水を飲んだら不老不死となっております」とブンブン云っていました。

And that very instant the dragonfly flew off again into the far off distance. The girl was baffled, and did not know whether or not to believe what the dragonfly said to be true.
あの瞬間、蜻蛉はまた遠くに飛び出していました。彼女は少し困惑して、蜻蛉の云ったことに信頼ができるかどうか分かりませんでした。

And then she remembered.
そして彼女は思い出した。

"Why I say, my mother warned me of this through a fairytale. In it a monster wished to trap a girl by telling her a great secret. Hence, I shall not drink this water. I would rather grow old and wrinkly than be trapped like him."
「ああ、お母さんは物語で警告しました。あの物語で化け物は大きな秘密を教えて女の子を捕えたかった。ゆえに、決して水を飲みません。こういう罠に掛かるよりも年を取ってしわが多いお婆さんになるのはましだ。」

And so she left the pond and merrily skipped towards her family's palace.
こうして池を去って自分の家族の殿舎へめでたく跳ね回っていました。

As the pond began to vanish from existence.....
池はなくなりながら・・・

La Fin.
終わり。


注意:今度英語で少し難しい言葉や表現を使ったから、全て日本語で翻訳していませんでした。全てを翻訳したら、日本語が不自然になると気がします。なお、このストーリーはちょっと長いので、全てを直すのが面倒なら、一つの添削してもいいです♡(❁´◡`❁)
ところで、最近大学の試験の為にいつも勉強してるので、
日記をつくるために暇がありませんでした(๑ ̇̅ ॄ ̇̅๑) ˙̣̣̥̺͆
でも春はもうすぐ来るので、桜と春についてのストーリーを書きたかったです。しかも、トンボの漢字を見てトンポについてのストーリーを書きたいと思いました。



読んでくれてありがとうございました(「・ω・)「