「いのちの記憶」

  •  
  • 976
  • 23
  • 5
  • Japanese 
Feb 21, 2014 02:08
A sound stops around my chest as I walk among a serene green field full of life.
のどかで青々とした草原を歩きながら胸に近くある音が止まる。

Time ceased then on this pocket watch which you gave me that day in our special place.
あの場所で君がくれた懐中時計が止まっていた。

As I carefully take it apart the greenery of the fields slowly fade away.
慎重に懐中時計を分解しながら草原はだんだんに白けていく。

The bombing of hope can be seen far off,
爆撃している希望は遥かに見ている、

the cries of the abyss of sadness can be heard here and there.
悲しみの淵の音は遠近に聞こえる。

Your smile is reflected in the gears of the pocket watch.
君の笑顔は懐中時計の歯車に写っている。

The forgotten past of this world flickers around me like an old movie film.
この星の忘れた過去は古い映画フィルムのように揺らめている。

Chaos takes place without ripples forming.
漣は立てずに混沌としている。

War changing between Peace,
Love changing between Hate.
戦争と平和と愛と嫌は行ったり来たりさせて移動している。

The lips in your reflection whisper "We will surely meet again, in that nostalgic place"
「必ずまた会える、懐かしい場所で」と君の写ってる唇は言う。

"So live"
「だから生きて」

Just then I fixed the pocket watch.
そうして懐中時計を直していた。

Her reflection and the forgotten past of this world all disappeared within the blink of an eye.
瞬時に彼女の反射とこの星の忘れた過去は消えていた。

"I will forever remember it all. And now, towards the future, towards you, towards everything..."
「ずっと憶えている。これから未来へ、君へ、全てへ。」

The birth of a small bud of hope can be seen not far off.
小さい希望の芽の生まれは近くに見える。

A new memory of life is created.
新しい命の記憶は作っている。