『一緒に逃げましょう』

  •  
  • 836
  • 27
  • 6
  • Japanese 
Mar 25, 2013 06:55
ある時、世界が逆さにしたという彼女がいました。
そのために彼女の現実は全く歪めました。
見えぬものを見ました。
ある意味では気が狂ったと思いました。
だから、夢の世界に入りました。

目を瞑りました。

あの夢の世界で男の子に会いました。
この男の子は自分の手を差し伸べて、
そして「一緒に逃げましょう?」と言いました。
そういう提案が本当に魅力的でした。
けれども、一つの真実に気づきました。
自分の鬼を直面すべきと直視すべきでした。
結局逃げることは駄目でした。
「でも、一緒に逃げればもっと素敵な世界に行くんだよ。何故君は苦労したい?」
併し、絶対に受け入れないと誓いました。

目を大きく開けました。

自分の鬼と仲良くしていました。
軈てすべてが様変わりした。
何となく、元の世界が戻りました。
もう混沌がなかった。
さてもう一度男の子に会いました。彼はそばにいました。
「もう逃げるのは必須ないね。」
そして彼女は明るく微笑みしました。




There once was a girl whose world turned upside down.
Due to this her reality became a bit distorted.
She saw things that others would rather not.
In a way she felt that she was just about to go crazy.
So she panicked and escaped to her own little dream world.
She closed her eyes.
In the dream world she met a boy.
The boy offered her his hand and said the following.
"How about running away together?"
It seemed so enticing to accept such an offer.
And yet she realized a certain truth.
She has to face her demons and look them straight in the eye.
Running away is after all not an option.
"But we can run away together to a better reality. Why do you wish to suffer?"
And yet she was compelled not to accept.
She opened her eyes as far as she could.
She stared reality right in the eye.
She made friends with her demons.
And in due time, everything changed.
Somehow, the world returned to its order.
Chaos was no longer present.
And when she opened her eyes once more,
She saw him again; standing right beside her.
"Now we no longer need to run away."
And she brightly smiled in reply.






I came up with a story today ^ o ^ Isn't is strange? haha~
I should make more stories :) Maybe even continue the story I made about the snowglobe girl? Or Chrono girl? I need to use my imagination more! ★

Also I apologize for not going over my previous entry ; - ; I will do that tomorrow in the morning!!!!