MM#0-2 Haruto's etude 2(Self-penned fiction)

  •  
  • 43
  • 1
  • 1
  • English 
Jun 12, 2019 07:27 MondetoMikrokosma#0-2
Haruto created and plays piano musics they are practical use of the scale for himself
Meiiru listens to the music

Meiiru
"It is modern!"
"It sounds like a music in a videogame, just like a puzzle game or something"

"..."

"Do you know Mikrokosmos?"
"Well, I felt your music has similar atmosphere to it"

Haruto
"Is it like ...Mikrokosmos...?"
"..."
"Your Japanese is good"

Meiiru
"I have lived in Japan for several years"
"You have so long hair"

Haruto
"Well, I will try to donate it"

Meiiru
"You are rare"

Haruto
"Not as you..."


* Mikrokosmos
are piano practice musics composed by Bartok.
ハルトの練習曲 2

ハルトは自分用に、音階練習的な用途を意識したピアノ曲を自作して弾いていたという
その演奏を聴くエヴァ

エヴァ
「現代的ですね!」
「ゲーム音楽みたいです、パズルゲームとかの」

「…」

「ミクロコスモスって知ってますか?」
「何と言いますか、雰囲気が似てる気がします」

ハルト
「ミクロコスモス…ですか…」
「…」
「日本語上手ですね」

エヴァ
「日本に、何年か住んでましたので」
「髪の毛長いですね」

ハルト
「ええと、寄付しようと思いまして」

メイール
「変わってますね」

ハルト
「あなたほどじゃないですよ…」


*ミクロコスモス
バルトークが作曲したピアノ練習曲です。