人は新しい経験をするたびに、何にかを学ぶ。

  •  
  • 252
  • 1
  • 1
  • Japanese 
Nov 27, 2015 00:31
今日の天気は雲だ、ちょっと寒かった、今の仕事は楽しくない、社長は吝嗇な人です、いつも人の噂を喋り、ひどいです。先週の金曜日の夜、社長から電話をしました、同僚に知らせのことだけです。翌日の朝、会社の先輩は電話を入れました、私を日本人のお客様に東莞出張に行かせます。突然ですね、私は本当に驚いた、何故ですが、分からない、準備はないし、日本語は苦手だし、日曜日の朝はJ.test試験があるので、夕方は広州へ行かなければならない。彼は私の説明を聞いて、何にも言わなかった。後で、社長に叱られました、当時の気持ちは大変でしたよ、彼は心狭いです、同僚は社長の電話をしなかったせいで、翌日のスケジュールは破るて、なんだか可笑しいです。10時に工場に着いた、向こうの営業さんは親切なご案内、とても感謝して、でも、彼女は名刺を交換した、彼女はそんなことをするとは、信じがたい。その時社長は怒てしまた、お客様は何にも言わない、私たち工場から離れた、そして、帰る途中社長はずっと叱って、中山に着きなかったしても、車を降りれ。この事件は私のせいじゃない、でも、仕方がない。人は新しい経験をするたびに、何かを学ぶ。