How your dreams come true 夢を叶える方法

  •  
  • 147
  • 4
  • 2
  • English 
May 25, 2019 22:42
Some people like telling about their big dream, for example: "I want to be a famous novelist!" "I want to be a popular YouTuber." "I am dreaming of becoming an idol. I want to encourage girls by my performance!"
However, very a few people are actually engaged in doing something concerning their dreams. I have never seen those who tell their dreams enjoying writing novels, taking videos or practicing dance. I wonder why they won't notice their self-contradiction. For them, writing, acting in front of their cell phone camera or dancing every day must be nothing but a sheer joy. Why wouldn't they ever try that?
I know a boy who is always drawing something in his notebook. During a short recess or lunch time, every time I go check my students in the classroom, he doesn't notice me at all. He is deeply absorbed in drawing. He was astonished when his new classmates gave him compliments and eagerly recommended that he should publish his work online. Actually, he has already been releasing some of them just for fun but not from ambition. Like his case, if you suddenly realise that you have been absorbed in something for a long time, and it happens very often, you are likely the one whose dreams will come true. And this kind of people are modest because they haven't even realise they were given (they have a gift).
If you have a true dream, whether you're aware or not, you must have starting actions to fulfill your wish. While writing this entry, I am thinking of my friends, enjoys games and looking for solutions of pc problems, singing and drawing, or art and learning languages. They seem to do that instinctively.
I call those who only tell their dreams but never ever try "beautiful dreamer". I bite my tongues to suppress my urge of mean comments and keep a serious face when someone says something like that in front of me.
I would say if I could: "What a beautiful dream! I guess that you must have started your actions for that, right? If not, start in right now! Dance every day, write every day, enjoy what you like if you really like that!"


夢について熱く語る人がいます。例えば、
「有名作家になりたいんです」
「売れっ子ユーチューバーになりたい」
「芸能人になって、私の歌と笑顔でみんなを元気づけたい」
しかしながら、実際に夢を実現すべく何か活動を始めている人は少ないです。私はそういう人に会ったことがありません。夢を語りつつ、毎日小説を書いたり、動画をせっせと撮ったり、ダンスを練習したりしている人は皆無です。どうしてその人達が矛盾に気づかないでいられるのか、不思議です。例えば小説家になりたいなら、書くことは純粋に喜びでしかないでしょう。どうして、書いてみることすらしないんですか。

ある生徒の話です。彼はいつもノートに絵を描いています。短い休み時間にも、お昼休みも、私が教室に生徒達の様子を見に行くといつも、彼はうつむいてせっせと描いています。私がにこにこしながら見守っているのに気づきもしません。それほど熱中しています。他の生徒達が、彼の絵を褒めて、
「絶対にどっかで発表すべきだよ」
と言った時、彼はびっくりしていました。彼はイラストを公開するためのアカウントを持っていて、実際に何枚か公開しています。「これで売れっ子になりたい。プロになりたい」などといった野心からではなく、ただ、楽しいからやっています。この生徒のように、気が付くと何時間も何かに没頭していた、しかもそれがしょっちゅうだ、苦にならないーーという人は、将来の夢を実現する可能性が高いです。そして、そういう人は、しばしば、自分に天分があることに気づいてもいないので、非常に謙虚です。

本物の夢なら、気づいていようがいまいが、それに向かって何か行動を起こしている筈です。これを書きながら、私は友達の顔を思い浮かべていました。
ゲームが好きで、コンピュータのトラブルの解決法をいつも考えている友達、いつも歌ったり漫画を描いたりしている友達、アートと語学に打ち込んでいる友達。彼らがそういうことに没頭するのはまるで本能のようです。
夢について語りたがる人に、私は「beautiful dreamer」とこっそりあだ名をつけています。私の前で誰かが夢を語り始めたら、私は真顔を保ち、意地悪なコメントを言わないように堪えます。
「凄いですね! もうとっくに活動始めていますよね、そうですよね? え、まだなの? 今すぐ始めなきゃ! 毎日ダンスする、毎日書く、本当に好きならやらなきゃ!」
日本語版録音:
https://vocaroo.com/i/s1F3LCJB2Zhq