诡术师's Home
 
 
 
 
Photo Album

 
 

438
Entries Written

1,371
Corrections made

890
Corrections received

62
Friends

About me

こんなに悲しい景色、こんなに明るい世界、あなたは私の物語。

Read more

Latest entries

诡术师

小説(171) With native lang

霧に入った途端、男女が分からない声が響いた。「ここは伊賀の領地だ。何者だ、止まって下さい」 天楓は答えた。「拙者は天楓赤染と申し、ご当主の伊賀六弦さんの知人です。昔の誼(よしみ)で助けを求めて参ります」 「それなら、お客様は二人の連れとここで暫くお待ち下さい。すぐ報告し...
  •  
  • 19
  • 2
  • 3
  • Japanese 
Oct 17, 2019 08:33
诡术师

小説(170) With native lang

午後、三人が伊賀谷に近づくと、道端に小さい村が見えてきた。 「これらは全て忍の里だ」と、天楓は玉に説明した。「全国の忍者がここから出る。その頂上に立っているのはもちろん伊賀と甲賀だが、他にも色んな忍の一族がある。小さいとは言え、決して弱くはない。各々に秘伝の術を持っている...
  •  
  • 17
  • 2
  • 2
  • Japanese 
Oct 13, 2019 09:47
诡术师

小説(169) With native lang

翌日も朝早く出発した。 「伊賀家には代々が伝わってきた瞳術がある。その名は千幻瞳(せんげんひとみ)」と、馬が走りながら、今回天楓は伊賀家について話した。「この名前は千種の幻を見せられるという意味ではなく、一目で人を千重の夢幻に落とせるという意味だ」 「それは、夢の中の夢...
  •  
  • 13
  • 2
  • 1
  • Japanese 
Oct 10, 2019 08:56
诡术师

小説(168) With native lang

「確かに強いとは言え、誰でも使える術ではない」と、天楓は言った。「私が知る限り、それほど幻術を発揮できるのは伊賀家のほんの数人しかいない。伊賀の上忍なら幻術を使えるが、知恵に欠ける凡人しか騙せない見世物だ」 この時、西宮が口を挟んだ。「玉ちゃん、こいつの言葉を全て受け入れ...
  •  
  • 22
  • 4
  • 2
  • Japanese 
Oct 6, 2019 09:56
诡术师

小説(167) With native lang

鶴ヶ城のある紀伊国と伊賀谷のある伊賀国とは遠く離れていなかった。大和や伊勢を通せば、どの道も二日かからずに辿り着ける。 道を急ぎながら、天楓は伊賀谷の由緒を玉に説明した。「伊賀は最も古い忍者の一族だと言われている。忍術の中で最も神秘的な幻術も伊賀一族しか使えないと言われて...
  •  
  • 17
  • 2
  • 2
  • Japanese 
Oct 3, 2019 09:43
Read more