Japanese custom of New Year’s and year-end

  •  
  • 97
  • 3
  • 1
  • English 
Dec 28, 2018 13:20
I have worked as a freelance writer.
私は、フリーランスのライターをしている。

From this spring, I found new client and writing for them around one year.
今年の春から、新しいクライアントを見つけて1年近く仕事をしていた。

In Japan, Japanese has the custom of New Year’s greeting called every year-end, sending a thank-you mail with opening hour during year-end and New Year season.
日本では、毎年年末に得意先に挨拶回りをしたり、メールでお礼と年末年始の営業を伝える習慣がある。

I was bothered about to sent the E-mail to my new client.
昨日、このメールを私の新しいクライアントに送るかどうかで悩んだ。

My hesitation arised from no pay by sistemproblem last time.
躊躇した原因は、こないだの給料がシステムトラブルで入金されなかったから。

Their explanation was just missed, I think is it OK on missed? and I had doubt on purpose.
彼らはただの見落としというけど、見落としてもいいようなこと?と思うし、わざと?とか疑ったりもした。

Actually, they had provided me interesting theme one year, so I sent them thank you mail.
でも、1年間世話になったことも確かだし、お礼とメールを送った。

After sending I felt something awkward, soon incoming call sounded with E-mail on my iPhone.
送った後、少しモヤモヤしているとメールの着地音がなった。

It was from my clients.
クライアントからだった。

They sent me soon on unexpected, thankful message and an apology late payment were written in E-mail.
意外にもすぐに返信があり、お礼と入金遅れへの謝罪が書かれていた。

I felt at ease.
ホッとした。