The nicknames were named by nations 民族がつけたあだ名

  •  
  • 82
  • 3
  • 1
  • English 
Jul 4, 2019 15:12
Occasionally I notice the word were called the same name as Japanse when I study another foreign language.

I heard Nepalese called a tea as “ cha “ when I stayed in Nepal.
Japanese also called a tea as “ cha “ or “ ocha “.

And then, sometimes I feel it is a good expression of atmosphere on the sound.

A smoke is called “ pow “ in Tibetan. It is really good expression with a look that the smoke is floating and disappearing.

It seems similar to a nicknames for a classmate in student days.
When everyone noticed, somebody was called same nickname by everyone.
Usually, the nickname derived from someone’s looking or disposition, daily acts.
The other name is not matching, but the nickname is good matching.

I think that the names seem the nickname that were called from various nations.
語学を学習していると、たまにあるものが日本と同じ名前で呼ばれているのに気がつくことがある。

ネパールにいたとき、お茶のことを”チャ”と言っていた。
日本人も、お茶は”チャ”もしくは”オチャ”という。

他にも、物の雰囲気を言葉という音でうまく表しているなぁと感じることもある。

本当に煙が浮かんでは消えていく様子を音でよく表現している。

学生の時、クラスメイトにつくあだ名にそれはなんだか似ている。
気がつくと、みんなが同じあだ名で誰かのことを呼んでいる。それは、たいていその子の外見とか性質、行動からきている。他の名前ではしっくりこないけど、あだ名だとしっくりくる。

そう考えてみると、いろんな民族が物につけたあだ名が、物の名前(単語)なんじゃないかなと思う。