“赤備えAkazone” - Japanse red corps

  •  
  • 27
  • 1
  • 1
  • English 
Jul 19, 2019 22:03
What color do you imagine as Japanese armor?

In Japanese past history, it had mainly red or vermilion corps that was called “赤備えAkazone”. “赤備えAkazone” was formed from Civil war era to Edo period in Japan.

Red armor stands out, so it has weak point to be a target by a enemy.
But red color had the profitablest point more than weak point for fighting.

Anthropologist of England researched between martial art’s ware color and the result of match, it statistically said wearing red wear player had high victory percentage.

From this story, it seems Japanese military commander chose the red armor to cheer up for themselves not for the enemy.
日本の甲冑の色というと何色を連想しますか?

日本にはかつて、”赤備え”といわれる武具を朱や赤を主体とした色彩で統一し編成した部隊がいました。”赤備え”は、戦国時代から江戸時代にかけて編成されました。

赤い甲冑は目立つため、敵に狙われやすいという弱点があります。
しかし、それ以上に赤には戦に有利な点があったと思われます。

英国の人類学者が、格闘技でウェアの色と勝負の結果の因果関係を調べたところ、赤いウェアを着ていた選手の勝利率が統計的に高かったと言います。

このことから、赤い甲冑には敵ではなくそれを着た武将自身を奮い立たせる目的があったことが伺えます。