竹の水仙の物語

  •  
  • 303
  • 1
  • 1
  • Japanese 
Dec 28, 2012 01:08
こんにちは、みなさん。

先生に物語を翻訳してくられた。ちょっと見ていただけませんか?



竹の水仙

Daffodil of Bamboo



金沢(かなざわ)に 夫婦二人で経営している宿屋があった。

A married couple in Kanazawa were running a 'yadoya' [bed and breakfast].



ある日一人の男がとまりにきた。

One day, a man came to stay.



その男は毎日たくさんお酒をのみ、たくさん食べましたが、お金をはらわずに5日間とまりました。

The man drank alot every day, ate alot, but only paid to stay 5 days.



宿屋のオーナーが『いつお金をはらってくれますか?』と聞くと、その男は『今はお金がない』と言いました。

The yadoya asked "When will you pay?", the man said "I don't have any money now."



オーナーは『それではどうやってお金をはらいますか?』と聞くと、その男は『裏庭にある竹やぶへいっしょに行きましょう。それからよく切れる のこぎり を貸してください。』と言いました。

The owner said "If that's the case how will you pay?", the man said "Let's go together to the bamboo grove in the backyard. And then please lend me good cutting saw."



オーナーはその男に殺されるかもしれないとこわかったですが、男は竹を切って、じぶんのへやに行きました。

The owner was scared the man might kill him, but the man cut the bamboo and went to his room.



その夜、その男は竹で作った水仙のつぼみ と 花瓶をつくりました。

That evening, the man made a flower vase and had harvested a daffodil from the bamboo. (?)



そしてオーナーに『これが売れたら、そのお金であなたに払います』と言いました。

And then to the owner he said "If I were to sell this, I will pay you that money".



オーナーがその花瓶に水を入れて、1日たつと。そのつぼみが割(わ)れて、きれいな水仙の花がさきました。

The owner put water in the flower vase, leaving it to stand for one day. The flower bud broke, a pretty daffodil flower bloomed.



その時、偶然、ある大名がその宿屋にとまっていた.

At that time, unexpectedly a lord was stopping at the inn.



その大名がその竹の水仙を見て、『この水仙は売り物(=for sale)ですか?』とオーナーに聞きました。

Seeing the bamboo daffodil, the lord asked "Is this daffodil for sale?" .



オーナーは『ここに泊まっている男が作ったものなので、彼に聞いてみます』とこたえました。

The owner answered "It's a thing made by a man staying here, let's ask him."



オーナーが男に聞くと、『200両で売る』と言いました。オーナーは高すぎると思いましたが、大名の家来(けらい=retainer)に『200両です』と言いました。

The owner asked the man, "It sells for 200 ryou." he said. The owner thought it was too expensive but, said "it's 200 ryou" to the daimyou's servant.



家来はおこって『そんな高いはずがありません。』とオーナーに言い、大名に報告(ほうこく=report)しました。

Angrily, the servant says to the owner "Such expense [we don't have it(?)]". He reported to the lord.



すると大名は家来をしかりました。『あの水仙は 左甚五郎が作ったもので、貴重(きちょう)なもの。彼は、どんなにお金をもらっても、自分の気がむいた時にしか作らない。だから、もう一回話して、その水仙を買ってきなさい』

Thereupon, the lord scolded his servant. "Because that daffodil was a thing made by Hidari Jingorou, it's a valuable thing. Even if he received however much money, he only makes if he feels like it. ***(I do not understand もう一回話して、その水仙を買ってきなさい)*** :(




するとその男(=左甚五郎)は『じゃあ300両で売る』と言いました。

Thereupon, the man said "I will sell for 300 ryou".



大名は300両を払いました。そしてその男はそのB&Bに『お金がない私をとめてくれてありがとう。』とオーナーに100両を払いました。

The lord paid 300 ryou. And so the man said to the inn "I had no money and you let me stay, thankyou" and paid 100 ryou to the owner.



オーナーはとてもおどろきました。そしてその男に聞きました

The owner was surprised. And so he asked the man



『どうしてもっとたくさん竹の水仙をつくらないのですか?』

Why don't you make many more daffodils from bamboo?



そして男はこう言いました。

And then the man said this.



『竹に花をさかせると、寿命(じゅみょう)が縮(ちぢ)まるから』

Because by making flowers bloom from bamboo, my lifespan shortens.