カナダ物語99部

  •  
  • 1659
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Mar 30, 2011 09:39
カナダ物語99部
181ページ
「バッファローを助けた人」

ミシェル・パブロ氏の祖先は数万年間バッファローの狩人でした。しかし、1880年代にライフル銃や鉄道や容赦なく狩りのために、北アメリカ大陸のバッファロー群れをほとんど絶滅しました。わずか10年間に大草原中、先住民のバッファロー狩人の部族達は、偉い人々から貧しい人々になりました。ミシェル・パブロ氏は、[アメリカ合衆国の」モンタナ州のフラットヘド(平頭)という先住民保護区に住んでいました。少ないブッファローの子を集めると保護区で飼っていました。1900初年代まで世界中の一番大きいな群れになってきました。しかし、1906年、ミシェル・パブロ氏の保護区は、白人開拓者に譲られるようになってきました。野生のバッファローのスペースがなくなりそうでしょうか。

その時、カナダ政府は、いくつかの北西国立公園を作り始めました。政府がパブロ氏の群れを買いにする提案をしました。しかし、一つの条件は、本人が群れをアルバータ州のウェンライト町の近くのバッファロー国立公園まで出さなければならないことです。パブロ氏は一頭250ドルの値段のために合意しました。「グレート・バッファロー・ドライブ」(大群移動)は、始まりました。

“史上で一番長くて値段が高くて疲れやすい移動”と呼ばれていました。アルバータ州の夏の暑さとほこりの中で先住民のカウボーイ達が400頭のバッファローをモンタナ州から北の方へ追いました。その行為は、偉い動物を絶滅のところから助けました。現在の世界中バッファロー群れでミチェル・パブロ氏の群れの子孫が、ほとんど半分です。この頃、その動物が北アルバータ州のウッド・バファロー国立公園で自由に野原を歩き回ります。

写真:ウッド・バッファロー国立公園の一頭のバッファローです。