カナダ物語 第五章 132ページから133ページ

  •  
  • 503
  • 0
  • 3
  • Japanese 
Jan 26, 2014 08:30
「西部のリーダー」

レッド川で住んでいた人々は、北西アメリカが人が少ないではないと知っていました。マリアヌとジョン=バプチスト・ラギモヂエーの子どもと孫は、レッド川でメティ人と一緒に育ちました。そのころ、メティ人は大体に農民と交換者でしたが、たくさんのメティ狩人は現在のサスカチェワン州とアルバータ州の川に沿って住みつくために西の方へ引っ越しました。まだまだベイ社員にぺミカンを売りましたが、ジョージ・シンプソンの会社にいじめらることを許しませんでした。ベイ社は、北西の毛皮交換営業を全部支配していると主張しました。しかし、1849年、あるメティ人の交換者は、国境を越えてアメリカ人の交換所で毛皮を売りました。ベイ社は、その交換者を訴えましたが、レッド川の裁判所は罰を下しませんでした。マリアヌの義理の息子ルイ・リエルに指揮されたメティ人は、どこでも勝手に毛皮を交換することを宣言しました。

フランス系カナダ人宣教師は、カトリック教徒のメティ人に手伝うために川下カナダ[現在ケベック州]からレッド川に来ました。1858年、ある宣教師アレクサンヅル・タシェー司教は、ルイ・リエルの息子(自分も名前はルイ・リエル)をモントリオール市まで招待しました。若いルイは、賢い男の子だから、司教は、適当な教育があれば、彼がいい神父になることできると思いました。だから、マリアヌ・ラギモヂエーの孫――若いルイ・リエルは、勉強するために東の方へ出発しました。

イギリス政府とアメリカ政府は地図で国境の線を引くことに同意したが、先住民にとって北西カナダはメティ人やブラックフット人やクリー人やアシンニボイン人の縄張りでした。数世代、大草原の上で馬に乗りました。素早くて暴力的な戦を戦ったり、興奮なバッファロー狩りを経営したりしました。頑固に自分の土地から追い出されないように決意しました。もし、カナダ政府と土地を求める欲深い開拓者は北西を欲しかったなら、メティ人やブッファローの人々と交渉しなければなりませんでした。

しかし、狩りしすぎるので、ブッファローはだんだん絶滅しつつありました。1860年代、群れはだんだん小さくてなってきました。間もなく、大草原のクリー人は、自分の縄張りに一頭も見つけたことはないのです。彼らは、メティ人の狩人や部外者に怒っていました。あるイギリス君主は、スポーツのためにバッファローを狩りしました。ある族長はイギリス人に「クリー人にとって不可欠な動物を殺すために何でとっても遠い国に来ましたか?」と聞きました。クリー人は、ブッファロー群れを見つけるために遠くに西の方へ走らなければなりませんでした。ブラックフット人の縄張りに入ると、ブラックフット人とクリー人の友情関係が終わりました。

草原クリー人のマスケぺツーヌは、ブラックフットと戦わない方がいいと思いました。よく旅行したことがる賢いリーダーでした。ワシントン首都でアメリカ合衆国大統領に会ったことがあります。ベイ社の汽船「ビーバー号」に乗ってバンクーバー島に訪れました。今、草原戦士として一番勇敢な行為をして頑張りました。戦争を止めようとしました。1869年、非武装でブラックフット人の陣営に馬で走ると平和を提案しました。ブラックフット人には、提案を受けなければ自分を殺してくださいと言いました。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app