Looking Back Our Practical Training

  •  
  • 494
  • 40
  • 2
  • English 
Aug 31, 2017 21:16
As some of you may already know, I did my trial training in my Japanese class on Tuesday.

Six foreign learners at the Japanese language school came to my class.

According to my teacher, they came to Japan from Vietnam and Indonesia in July.

Five of my classmates and I taught them different Japanese grammar one after another that day.

As soon as the first person started her lesson, I was impressed with listening and speaking abilities of the learners.

On top of that, they participated in our lessons enthusiastically and cooperatively throughout the class.

I’ve also noticed each of my classmates had done their own best lessons ever.

Compared to our usual mock lessons, I thought they were obviously more interesting and effective.

For example, one of my classmates taught the learners a popular tongue twister, “red pajama, blue pajama, yellow pajama.”

Apparently, most of the learners might have already known of it, so they seemed to be very excited to shout it out.

That classmate is an educator, so I can tell she knows how to do such an attractive lesson and make the learners focus on it very well.

Anyways, my lesson was the last.

At the beginning, I gave a demonstration with one of the products from DAISO.

Unfortunately, I was too nervous to look at their reactions about that.

I taught a grammar, “~へ行ったことがあります。(I’ve been to ….).”

Before entering the main topic, I showed them two of my old pictures with my iPad.

While pointing at me in one of the pictures, I asked them, “Who is this?

I have expected them replying me like, “It’s you.”

One of the learners asked me, “Is she a famous person?”

I quickly answered to him, “No, she isn’t a famous person… It’s me.”

Of course, it was too hard to recognize me because I took those pictures a long time ago.

At that time, I had very long hair, but now my hair is short.
To my surprise, one of them said, “Cute!”

While I was saying to myself, “What a nice student you are!” and said, “Thank you very much.”

And I asked them again, “Where is this place?”

A female learner immediately replied me, “It is Singapore!”

“That’s right. I went to Singapore 25 years ago.”

Then the previous male learner asked me again, “How old were you at that time?”

While pretending ignorance, I said, “Oh, (good question, but) I forgot about it. “

Then, I told them a new grammar, “I have been to Singapore.” in Japanese.

Well, this entry has already become long, so class dismissed!

I hope I can do a better lesson next time if I have a chance.
既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、火曜日に日本語のクラスで教育実習をしました。

日本語学校の外国人学習者6人が、クラスに来ました。

私の先生によれば、彼らは7月にベトナムとインドネシアから日本に来たそうです。

クラスメートの5人と私は、その日、順々に日本の文法を教えました。

最初の人がレッスンを始めてすぐ、私は学習者のリスニングとスピーキングの能力に感心しました。

さらに、彼らは授業の間ずっと熱心にそして協力的に、レッスンに参加してくれました。

また、それぞれのクラスメイトが、最高のレッスンをしていたのに気付きました。

普段の模擬レッスンに比べて、明らかにより面白く効果的にできていました。

たとえば、あるクラスメートは、ポピュラーな早口言葉「赤パジャマ、青パジャマ、黄パジャマ」を学習者に教えました。

どうやら、ほとんどの学習者は既にそれを知っていたかもしれなくて、とてもエキサイトしているように叫んでいました。

彼女は教職者なので、彼女はどうやればそんな魅力的なレッスンができ、そして学習者をそれにうまく集中させるかを知っていると言えます。

ちなみに、私のレッスンは1番最後でした。

まず初めに、DAISOのある製品について、少しデモンストレーションを行いました。

残念なことに、あまりにも緊張していたのか、彼らのリアクションを見逃してしまいました。

「〜へ行ったことがあります。」の文法を教えました、

メインの内容に入る前に、昔の自分の写真2枚をiPadで見せました。

1枚の写真の中の自分を指差しながら、学習者に「これは誰ですか?」と質問しました。

「それは先生です。」と言ってくれるのを期待していました。

学習者の1人が、「有名人ですか?」と訊いてきました。

私はすぐに「いいえ、有名人ではありません... 私です。」と返事をしました。

もちろん、随分昔に撮った写真だったので、私だと認識することはかなり難しかったのです。

その当時、ロングヘアだったですが、今はショートヘアです。

驚いたのは、ある学習者が「(先生)かわいい!」と言ったのです。(笑)

心の中で「なんて良い生徒なの?」とつぶやきながら、「ありがとう!」と言いました。

そして、彼らにもう一度、質問しました。「ここはどこですか?」

ある女性の学習者がすぐに答えました。「それはシンガポールです!」

「そうです!私は25年前にシンガポールへ行きました。」

その後、前の男性の学習者が、「その時、何歳でしたか?」とまた私に訊きました。

惚けながら言いました。 "(ああ、良い質問ですが、何歳だったか)忘れました。 "

それから、「私はシンガポールへ行ったことがあります。」の新しい文法を日本語で教えました。

さて、この投稿はすでに長くなっているので・・・・、

「今日の授業はこれで終わりにしましょう!」

チャンスがあれば、次回はより良いレッスンができればいいなあと思っています。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app