Bohemian Rhapsody

  •  
  • 323
  • 24
  • 4
  • English 
Feb 7, 2019 21:53 Movie
I watched Bohemian Rhapsody last Friday.

It lives up to its reputation and is such a great film!

You might have already seen this movie or have read some of your friends’ entries about it.

About Queen, to be honest, I hadn’t listened to their songs in their golden age.

Even so, when I heard the song “We Are the Champions” for the first time, I deeply moved with their powerful music and strong impact.

Besides, I remembered that I’d often listened to the song “Bicycle Race” on the radio.

At the time, all I was able to understand was the parts of singing “We are the Champions, my friends” and “Bicycle bicycle bicycle! I want to ride my bicycle.”

I’d like to get back to the title and talk about this movie, but I think I shouldn’t write anything this time because I fell asleep in the middle of the movie because I took medicine.

What a shame!

By the way, before I watched this movie, I watched an NHK TV show about Bohemian Rhapsody and Queen.

It was such a fantastic TV show!

Fortunately, I recorded it, so I’ve already watched it over seven times so far.

It was very enjoyable and helpful to learn a lot of things such as very mysterious Bohemian Rhapsody’s lyrics, how those intelligent members of Queen made the multiplex recording in the opera part using over 180 trucks, the reason why they sent their promotion music video to a TV live show, and Freddie Mercury’s life.

And what’s more, I also learned that Bohemian Rhapsody became No. 1 song from 20th century in the UK.

Finally, in the TV show, some scene brought tears my eyes.

I still wonder how Freddie had have felt when he had been writing the lyrics because there was “Goodbye to everybody. I’ve got to go.”

I can't help but think that he might have written it as he had known he would die young.
先週金曜日、映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観ました。

この映画は評判通りで、とても良い映画でした。

皆さんはもうこの映画を観たり、お友達が書いた投稿を読んだりしているかも知れませんね。

クイーンに関しては、正直に言うと、クイーンが全盛期の時に、彼らの歌を聴いていませんでした。

それでも、「We Are the Champions」を初めて聴いた時、パワフルな音楽と強い影響力に感動しました。

「Bicycle Race」がラジオからよく流れてきて、聴いていたのは憶えています。

その頃、私が聞き取れたのは、We are the Champions, my friends と bicycle bicycle bicycle! I want to ride my bicycle の部分だけでした。

タイトルの映画の話に戻りたいところですが、薬を飲んだ為に映画の途中で居眠りをしてしまったから、今回私は何も書くべきではないと思います。

本当に、残念です。

ところで、この映画を観る前、ボヘミアン・ラプソディとクィーンについてのNHKのテレビ番組を観ました。

とても素晴らしい番組でした。

ラッキーにも録画をしたので、もう既に7回以上は観ています。

とても興味深く、たくさんのことを知るのによい番組でした。例えば、神秘的なボヘミアン・ラプソディの歌詞、クイーンのかなりインテリなメンバーたちがどうやって180トラックもの多重録音をしたのか、なぜプロモーションビデオをテレビの生番組に送ることになったのか、フレディ・マーキュリーの人生など・・・。

そしてさらに、イギリス人が選んだ20世紀ナンバー1ソングがボヘミアン・ラブソディだったことでした。

最後に、そのテレビ番組の中でも、涙を誘われる場面がいくつもありました。

私はフレディが歌詞を書いている時、「さよなら、みんな。僕はもう行かなくちゃ。」とは、どんな気持ちだったのだろうとまだ不思議に思っています。

彼が若くして自分が死ぬことを知っていて書いたのではないかと思わずにいられません。