Why Do Japanese Women Like Brand-Name Goods?

  •  
  • 1267
  • 16
  • 4
  • English 
Feb 6, 2014 12:29
When my mother-in-law was still alive, she gave me her Louis Vuitton wallet that she had bought for herself. Actually, I'm not a big fan of such brand items, but I keep using it as a memento.

The other day, while I was in a coffee shop, I saw a woman, who was sitting next to me, carrying a Coach purse. And coincidently, a young lady, who was behind me, also had a similar designed Coach bag. It's true that brand-name products such as wallets or purses are very popular among Japanese women. Those items might be stylish or high in quality or value, but I personally feel disappointed or sad whenever I see many women using them. It seems to me that they are showing off that they are stereotyped and have no individuality in one sense.

I was stunned to know that Japanese people buy 40% of all brand-name goods in the world. We are probably safe thinking this way; Japanese women are main patrons of worldly famous designers.
私の義理の母が健在だった頃、彼女が自分のために買ったルイ ヴィトンの財布を私にくれた。私は、ブランド品が特別好きな訳ではないが、母の形見として今もその財布を使い続けている。

今日、私はカフェですぐ隣の席の女性がコーチのかばんを持っているのを見た。そして偶然にも、後方の若い女性も同じブランドの良く似たデザインのかばんを持っていた。実際、財布やかばんなどのブランド製品は日本人の女性にとても人気がある。確かに、そのようなブランド品は、スタイリッシュで、品質もいいと思うが、私は個人的に、みんなが持っているのを見るとがっかりしたり、悲しくもなる。私には、ある意味、彼らが型にはまっていること、そして個性がないことを見せびらかしているようにも見えるのだ。

世界中のブランド製品の40%を日本人が買うと言う数字を見て驚いた。日本人が、世界的に有名なデザイナーのお得さまであることは間違いないようだ。