Making Eye Contact

  •  
  • 1367
  • 29
  • 6
  • English 
Apr 19, 2013 19:34
Yesterday I asked my students to make eye contact especially when they talk in English in the classroom, since I noticed some of them don't even look up their faces during conversation. Oddly enough, that's what I was told by my American teacher over and over when I was in college. I guess when he first came to Japan, he was disappointed to see Japanese students avoiding eye contact when he talked to them.

In Western countries, making eye contact is a basic and courteous manner when people have a conversation. I personally understand its importance, but we Japanese are not accustomed to doing it, because we think it's not polite to stare at people.

Furthermore, some Japanese people feel nervous or intimidated if a talker looks at their eyes all the time. In that case, we are advised to look at a talker's Adam's apple or a tie knot. I think it'll take a long time for us to master it.
昨日、私は学生達に教室で英語を話す時には相手の目を見るように言った。
それは会話中も顔を上げない生徒がいることが気になったからだ。
奇妙なことに、その事は私が大学生の時、アメリカ人教師から繰り返し言われていた事でもある。
おそらく彼が初めて日本に来た時、話しかけても視線をそらす学生を見てがっかりしていたのだろうと思う。

西洋では、会話をする時のアイコンタクトは基本的なマナーで礼儀正しさを表すものと考えられている。私は、その重要性を十分理解しているが、日本人は相手をじっと見ることが失礼という認識から、
そうする事に慣れていないように思う。

さらに人によっては会話中ずっと視線を合わせると緊張したり威圧感を感じる人もいる。
そのような場合は話し手の、のど仏かネクタイの結び目を見れば良いというアドバイスをされることもある。日本人がこの習慣を身に付けるにはまだまだ時間がかかりそうだ。