Contradiction of the policy and the survey by Japanese ministry of education and science -Article translation 12 (Part2)-

  •  
  • 91
  • 0
  • 0
  • English 
Dec 8, 2016 22:44
For example, the educational committee of one district in Tokyo published the result of the survey titled below.

"Current situation concerning school children problematic acts in 2015"

First of all, I feel uncomfortable with this title.

In last July, Japanese ministry of education and science published "the final report on support for school children absence from school". In that report, it is stipulated that "absence from school" is just the consequence of various causes and background issues, so it cannot be judged as the "problematic acts".

As shown above, the ministry encouraged not to judge "absence from school" as problematic acts while the survey conducted by the same ministry includes it as one of problematic acts. I feel uncomfortable with this contradiction.
例えば、文京区教育委員会が発表している調査結果は、以下の通りです。
平成27年度 児童・生徒の問題行動等に関する状況について http://www.city.bunkyo.lg.jp/var/rev0/0121/0793/siryou_5.pdf


私は、まずこの調査のタイトルに、違和感を覚えます。
文科省がこの7月にまとめた「不登校児童生徒への支援に関する最終報告」には、以下のように明記されています。
不登校とは、多様な要因・背景により、結果として不登校状態になっているということであり、その行為を「問題行動」と判断してはいけない。


このように、文科省がまとめた報告書で、不登校を「問題行動」と判断しないことの周知を進めることを打ち出しながら、一方では、問題行動の一つとして「不登校」をあげて調査を行っていることに矛盾を感じます。