Mr. Hinohara was a great man.

  •  
  • 303
  • 3
  • 1
  • English 
Jul 20, 2017 21:35
The picture shows Mr. Hinohara in the newspaper.

He died on July 18th at age 105.
He was a Japanese physician.
He worked for St. Luke's International Hospital as the hospital's honorary director.
He achieved many things for our society and received a Cultural Medal.
One of his achievements was that he relabeled “seijin-byo” (adult diseases)-such as strokes and cardiac disease—as “shukan-byo” (lifestyle-related disease).
This made us aware that such ailments, which most people felt resigned due to their adult age, could actually be prevented if we modified our lifestyle.
I was also surprised at his energy and activities because he had worked his jobs at his age.
He has given us hope as desirable lifestyle.
日野原(ひのはら)先生(せんせい)は偉大(いだい)な人(ひと)でした。
写真(しゃしん)は新聞(しんぶん)に載(の)った日野原先生です。

彼(かれ)は105歳(ひゃくごさい)で7月18日亡(な)くなりました。
彼は日本人(にほんじん)の医者(いしゃ)でした。
彼は聖路加(せいろか)病院(びょういん)の名誉(めいよ)院長(いんちょう)として働(はたら)いていました。

彼は私達(わたしたち)の社会(しゃかい)に多(おお)くの事(こと)を行(おこな)い、文化勲章(ぶんかくんしょう)を受章(じゅしょう)しました。
彼の功績(こうせき)の一(ひと)つに心臓病(しんぞうびょう)などの「成人病(せいじんびょう)」を「生活(せいかつ)習慣病(しゅうかんびょう)」に呼(よ)び改(あらた)めました。
これは。そのような慢性病(まんせいびょう)が年(とし)を取(と)るとなる病気(びょうき)と諦(あきら)めていたものが、生活習慣を見直(みなお)すと防(ふせ)げると教(おし)えてくれました。
私はまた彼の年(とし)で仕事(しごと)をつづけ、彼の行動力(こうどうりょく)や活動(かつどう)に驚嘆(きょうたん)しました。