このスピーチは書きにくかったです。

  •  
  • 234
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Oct 14, 2012 12:56
今日は日本のメディアでいじめの問題とかいけつするためのたいさくについて話します。

読まなければならなかったいじめにかんする記事は、去年だけで五百三十一じゅうだいな件(けん)がありました。そして、表(おもて)だけでした。たぶん、たくさんほかのけんがありました。

そして、私がインターネットで調べた時に、たくさんそんな記事を見つけたので、日本人にとって、このトピックはまったく重要そうです。

だから、まず、学生に「テレビやラジオでいじめの問題について聞くことは日常的になっていますか。」と聞きました。

質問した学生は「特にテレビで、いじめについて聞くことは通常になってしまいました」と答えました。

二つ目の質問として「いじめの問題は日本の人々がかいけつするために何かたいさくをしているかどうか知っていますか。」と聞きました。

学生はさまざまなたいさくを答えましたが、全部学校での対策についてでした。


例えば、学校のホームルームではくしをくばって、学生はとくめいで悩みを書いてていしゅつします。そして、生徒に会ってあんけを取ったり、話し合いをしている所がおこなっています。また、いじめのそうだんのためのコールセンターがあります。

問題になっているので、対策はし始めているこんな学校が増えています。

最後に「最近、いじめの問題について、良い結果がありましたか。」と聞きました。

残念なことに学生は「今まで良い結果があらわれていません。」と答えました。


しかし、読まなければならなかった記事はこの話した対策について何も話しませんでしたから、しんてんがあって、そろそろに、もっとしんてんは見え始めると思います。

ごせいちょうありがとうございました。