坊ちゃんの概要

  •  
  • 391
  • 3
  • 2
  • Japanese 
Sep 1, 2012 19:32
授業のために漫画の部分を選んで、について書かなければなりません。
有名な「坊ちゃん」という話にしました。


「清と坊ちゃん」という漫画はそせきさんの「坊ちゃん」という小説のほんあんのぜんぺんです。
物語の前に、坊ちゃんは主人公で「明治時代にそだった江戸っ子」と短い紹介をしました。
坊ちゃんは無鉄砲な子供でしたから、親はいつも怒って、ずいぶん心配しました。
ある日、お母さんは重い病気になって、いなくなってしまって、六年後にお父さんもでした。
その時から坊ちゃんの「清」という奉公人にそうだててくれました。
清の親切と愛といつも「きっと出世してえらい人におなりです」のそんなのことを言うおかげで、真面目で親切な教師になりました。
しかし、それを果たせるために、家を売らせて、残念に、三年間清を別かれなければなりませんでした。
帰る時に、清は風邪を引いた事が見出しました。 しかし、また出なければなりませんでした。
この話の部分はまた別れる事と終わります。
両親はあまり愛しないそうでしたから、ちょっと悲しい感じがしました。
坊ちゃんにもっと同情べきだと思いますけど、作家は坊ちゃんが無鉄砲な人の理由は何かあまり見せませんでした。
しかし、書いた表情はもっと深い話をほのめかしました。