インプット仮説の方法

  •  
  • 271
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Mar 28, 2018 10:29 life book studying
私は勉強の方法を変えた。友達の一人がAll Japanese All the Time「AJATT」という方法を試してみたいと言っていた。彼は勉強会のチャットでビデオやリンクを投稿した。私はMATT vs. Japanの説明を聞いたり、AJATTのサイトを読んで、その方法は簡単そうだと思った。しかし、人の言うことなら何でも信じる前に研究するの方が大切だと思う。プレイステーションのコマーシャルの俳優が言ったように、インターネットで見る全てのものを信じることはできない。

AJATTはKhatzumotoによって発展したけれど、その方法の根拠がずっと存在している。その方法はスティーヴン・クラッシェンのインプット仮説に基づいていて、言語学習のサイトで 「i + 1」 を見れば、クラッシェンの仮説を見たことにある。クラッシェンによると目標言語でたくさんのメディアを手に入れるとその言語を身につけられるそうだ。仮説の焦点は言語を習うことでなく、言語を身につけることだ。仮説によると、「i」は自分の現在の理解レベルを、「1」は次のレベルを表している。クラッシェンは現在の理解レベルを超える言語を理解するとその言語を身につけられると説明した。しかし、この場合、文脈か追加情報が必要である。

クラッシェンは子供と同じ方法で大人も他の言語を身につけることができると説明した。また、言語学習のプロセスを妨げる要因を説明し、仮説を裏付けるための言語習得の研究を発表した。でも、言語授業の役割を述べたけれど、仮説の目的は授業の外でメディアを通して言語を身につけることのようだ。だから、その方法は中間言語学習者にとっては良いかもしれないと思う。

クラッシェンによると理想のインプットの要素を選ぶとき、以下の重要な要求を考えるべきである:(1)理解できる要素、(2)面白くて関係がある要素、(3)文法順でない要素、(4)たくさんの量、(5)守りの態勢にしない要素、(6)会話をするためのツールを提供する要素。クラッシェンは特に本や会話などのメディアを勧めたけれど、私はドラマやポッドキャストでもいいと思う。大量のメディア・コンテンツがあれば、大丈夫だと思う。

クラッシェンの電子本をざっと読んだ後、彼の方法を試してみることを決めた。もちろん、その仮説についての学術論文を読みたいけど、今のところ、彼の方法をやってみることにする。

さらによく知りたかったら、「Principles and Practice」という電子本を読むことを勧める。

I changed my study method. One of my friends said that he wanted to try a method called All Japanese All the Time (AJATT). He posted videos and links in the study group chat. I listened to Matt vs. Japan’s explanation and read AJATT’s website, and the method seemed simple enough. But, it’s important to do research before you believe something that someone says. Like the Playstation commercial says, “You can’t believe everything you see on the Internet.”

AJATT was developed by Khatzumoto, but the concept of his method has existed for some time. The method itself is based on Stephen Krashen’s Input Hypothesis. If you’ve seen “i + 1” on language learning sites, then you’ve seen Krashen’s hypothesis. According to Krashen, if you consume a lot of media in your target language, then you can acquire that language. The focus of the hypothesis is not to learn a language but to acquire it. According to the hypothesis, “i” refers to your current level, while “1” refers to the next level. Krashen explained that you acquire a language when you understand language that is above your current level of understanding. However, in this case, you need either context or additional information.

Krashen explained that adults can acquire another language in the same way children do. He also explained the barriers that impede the language learning process as well as the language acquisition research that supports his hypothesis. And, although he also mentioned the role of language classes, it seems like the goal of the method is to acquire language through media outside of the classroom. That is why I think the method may be good for intermediate language learners.

Krashen stated that when selecting the ideal input material, you should consider these important requirements: (1) material that you can understand, (2) material that’s interesting and relevant, (3) material that’s not grammatically sequenced, (4) large quantity, (5) material that doesn’t put you on the defensive, (6) material that provides tools for holding a conversation. Krashen specifically recommended media like books and conversations, but I think dramas and podcasts are also good. As long as there is a large enough quantity of media content, it should be okay.

After reading Krashen’s ebook, I decided to try out his method. Of course, I want to read journal articles about the input hypothesis, but for now, I’ll try it out.

If you want to know more about it, I recommend reading his book Principles and Practice.
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app