Cities or Countrysides

  •  
  • 172
  • 4
  • 3
  • English 
Dec 21, 2018 08:37
When thinking about this topic, I realized it’s actually pretty hard for me to answer this cliche question, and that can be also true of many people.

A foreign friend of mine said what we call “田舎” is different from “countryside,” and I think this is true. Supposedly, “田舎” is more of places except big or middle-sized cities. I was born and raised in a rural area, which may be not what I can say it's a countryside. Essentially, we can’t value or compare things unless we experience them. And, many people, at least many Japanese people nowadays, have never lived in a “countryside.” We have a word “上京(jokyo)” (move to a big city, especially Tokyo), but there seems to be no opposite one. The fact is that many people living in a city never knows what countryside is, and I guess they're not so interested in it.

If they're likened them to ourselves, cities are like our brain, and the other areas are like our body. This never means cities are superior parts. Actually, they have interdependence. When I used to live in a relatively big city, I thought my surroundings were everything(this may come from the reason I was younger), as if my brain could control all things. Needless to say, this is a wrong idea. That's because what we eat mainly comes from countrysides, and many things we use in daily life are made from materials in the countrysides. If we always think highly of our brain and downplay our body, we will get sick. I think this can apply to the relationship between cities and countrysides.

Einstein once said our technology already exceeded our humanity. In reality, cities are like a crystallization of our technology. What I want to say is that it may be good for us to be a flirt when it comes to our surroundings.


Thank you for reading.
この話題について考えてみると、このありきたりな質問に答えるのは意外にもすごく難しいことだと気付きました。これは多くの人にとっても同じではないか思います。

外国の友人が、日本人がいう「田舎」は”countryside”と同じじゃないと言っていましたが、その通りだと思います。「田舎」というのは、大都市または中規模都市以外にあたるものです。私は地方の町で生まれましたが、田舎というほどの場所ではありません。そもそも、私たちは根本的に自分が経験したものしか評価したり比較することはできません。そして多くの人、少なくとも現代の多くの日本人は、「田舎」で生活するという経験をしたことがありません。「上京」という言葉がありますが、その反対はないようです。実際のところ、多くの人は田舎がどんなものなのか知らないし、大して興味もないんじゃないかと思います。

都会や田舎を私たち自身になぞらえるなら、都市は私たちの脳、その他は私たちの体と考えられます。これは決して都市のほうが優れているというわけではありません。実際は相互依存に基づく関係があります。昔比較的大きな街に住んでいたことがありますが、当時は周囲のものが全てだと思えました(今より若かったせいもあると思いますが)、これは脳が全てのことをコントロールしようとするようなものです。言うまでもなく、これは間違った考えです。というのも、私たちが食べるもののほとんどは田舎で生産されたものですし、私たちが日常生活で使っているものの素材の多くは田舎からきています。いつも脳を重要と捉え、体のことを蔑ろにしていたら、病気になってしまいます。これは都市と田舎の関係に通じるものだと思います。

かつてアインシュタインは、テクノロジーは人間性を追い越したと述べました。実際のところ、都市はテクノロジーの結晶のようなものです。何が言いたいかというと、私たちは周りの環境に関しては、移り気があったほうがいいのかもしれません。


ご覧いただきありがとうございました。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app