What I Learned from a Seminar by a Professional Interpreter

  •  
  • 100
  • 6
  • 1
  • English 
Apr 11, 2019 17:07
以前に、現役通訳者の方のセミナーに参加する機会があった。プロの通訳者が現場で実際に何を考えているのか、何を求められるのかといった、現役ならではの話を聞くことができて非常に為になった。

I had an opportunity to join a seminar by a professional interpreter. She talked about what she’s thinking during work and what business people require from her. They’re just like tips on the spot, which was really useful.

また、セミナーの合間に質問できる機会もあったので、いくつか気になったことについて尋ねてみた。その中で、「言語を巧みに扱うにはどうしても言語センスが必要だと感じますが、それについてどう思いますか」といった質問をしたのだが、意外な答えが返ってきた。それはプロに必要なのは「言語センス」ではなく、「日々の心構え」だといった意見だった。

Also, I had chances to ask her for questions during the seminar, so I asked some things that concerned me. Among them, I said that we need to be more or less talented to have a good command of the language we’re learning. And then, she answered something I didn’t expect. She said that we need to have an appropriate mental attitude in daily life, and whether or not we’re talented doesn’t really matter.

正直なところ、しばらくはその意見が腑に落ちないままでいた。でも最近になってようやく、少なくとも「言語」に関わる分野では、大筋で納得のいく意見だと感じるようになった。これはつまり違う事情でいうなら、人間は、「幸せだから笑う」一方で、「笑うから幸せになる」と同じようなことなんだと思う。最も忘れてはいけないのは、プロなら当たり前とするような「心構えと直結した行動力」だろう。自分は退廃的な人間だと強く自覚することが多いので、そういったことを意識する必要があると感じた。

To be honest, I didn’t get her opinion for a while. But recently, at least in the field of language, I found it reasonable. If I liken this to another situation, this is similar to something like “we laugh because we’re happy”, and at the same time, “we’re happy because we laugh.” Of course, we shouldn’t forget we need to be a person of action. I kind of feel like I’m a rip these days, so I think I have to be more conscious of that kind of thing.