A dog named Daniel, who survived a gas for euthanasia, lives well.

  •  
  • 209
  • 0
  • 2
  • English 
Dec 31, 2013 16:29
A dog named Daniel, who survived a gas for euthanasia, lives well.
On January 1st, 2014, Daniel will take part in the Rose Parade, California.
On October 3rd, 2011, 2-year-old Daniel was supposed to be put down in an animal facility, Alabama.
Daniel and 17 dogs was placed in a gas chamber made of stainless, and carbon monoxide went into the chamber.
However, Daniel didn't die.
Officers at the chamber was really astonished when they saw Daniel get out of the chamber.
Daniel was taken by Joe Dwyer to his house in Nutley, New Jersey, and happily lives with his family members and other dogs.
安楽死のガスに死ななかったその犬のダニエルはその後、順調に暮らしている。
ダニエルは、来年1月1日にカリフォルニア州で行われるローズ・パレードに参加する。
2011年10月3日、ダニエルは2歳で、アラバマ州の動物管理施設で安楽死されることになっていた。ダニエルは17匹の他の犬と共にステンレス製のガス室に入れられ、一酸化炭素を注入された。
しかしダニエルは死ななかった。ガス室から生きて出てきた犬を見て、管理施設の職員たちはビックリ仰天。
ダニエルはニュージャージー州ナットレイ在住のジョー・ドウヤーさんに引き取られ、彼の家族や犬たちと一緒に幸福に暮らした。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app