On December 18, in Paris, a charity drawing lots event was held, an...

  •  
  • 233
  • 1
  • 1
  • English 
Dec 29, 2013 19:21
On December 18, in Paris, a charity drawing lots event was held, and a 25-year-old American man won a Picasso painting.

It is allegedly worth 1 million dollars, and he got it with a 100-euro raffle ticket.
Sotheby's, a major auction house, hosted the charity raffle to raise money for an organization that preserves Tyre, an ancient city in Lebanon.
The UNESCO officially endorses the event, and 50,000 raffle tickets were sold online.
The prize was L'Homme auGibus painted in the cubism era, 1914.
Jeffrey Gonano, a winner of the prize, said to Reuters through the phone that I got to know the raffle when he was looking for paintings for his living room.
He added that he wouldn't sell it for a while.
ピカソの絵画が景品となった慈善くじの抽選が18日にパリで行われ、25歳の米国人男性が当せんした。絵画の価値は100万ドル(約1億円)相当とされ、この男性は1枚100ユーロ(約1万4000円)のくじで幸運を引き当てた。

競売大手サザビーズが主催した慈善くじは、レバノンにある古代都市ティールの保存に当たる団体への支援資金を集めるために行われた。国連教育科学文化機関(ユネスコ)が公認し、5万枚がインターネット上で販売された。
景品となった作品は「L'Homme auGibus(オペラハットの男)」で、キュビズム時代の1914年に制作されたもの。
当せん者のジェフリー・ゴナノ氏はロイターの電話取材に、リビングルーム用の絵画を探していたときに慈善くじのことを知ったとし、当面は売却するつもりはないと話した。