the NY Health Authorities announced on May 28 that they are conside...

  •  
  • 359
  • 3
  • 3
  • English 
Jun 19, 2014 11:11
the NY Health Authorities announced on May 28 that they are considering a repeal of the ban on keeping ferrets as pets.
Keeping ferrets has been prohibited for decades in NY due to fears of rabies.
However, a spokesperson for the Department of Health and Mental Hygiene said they would recommend lifting the ban as long as rabies vaccinations are obligatory.

Humane Society, an animal protection group, welcomed the city's movement and said that rabies had been resolved with the vaccines.
According to the Humane Society, other than NY, keeping ferret is not allowed in California and Hawaii.
― A Japanese article ―
米ニューヨーク市の保健当局は28日、現在ペットとしての飼育が禁止されているフェレットについて、飼育を認めることを検討していると明らかにした。
同市では、狂犬病への懸念からフェレットの飼育を数十年前から禁止しているが、同市の保健精神衛生局の広報担当は、狂犬病ワクチンの接種などを義務付けることなどで、禁止措置の解除を勧告すると語った。

動物の保護活動を行う「Humane Society」は、市当局の動きを歓迎する意向を示し、かつての懸念は狂犬病ワクチンによって解決したと説明している。
動物愛護団体によると、米国ではニューヨーク市のほかに、カリフォルニアとハワイの2州でフェレットの飼育が禁止されている。