In Las Vegas, famous for gambling, there was a impressive tale, in ...

  •  
  • 224
  • 2
  • 1
  • English 
Dec 30, 2013 09:30
In Las Vegas, famous for gambling, there was a impressive tale, in which a taxi driver returned $300,000 left behind the back seat to the owner of the money.
The owner of the money was a famous 28-year-old poker player.
According to CNN, the man is not still revealed, and it was such grief that he allegedly wanted to shoot his head to kill himself.
He inquired a brown paper bag containing the money of the taxi company.
The taxi drive who notice the paper bag is Gerardo Gamboa.
As soon as he found the bag, he contacted his company, Yellow Checker Star, to look for the owner of the money.
He said that he wanted to show that taxi drivers in Las Vegas are good and he didn't come up with any choices.
"There is no difference between $10 and more.
I won't sell my dignity.
I just keep words that my parents taught me as a child.
Las Vegas is called a sin town, but it's wrong; it's a angel town," he said.
(1/2)
「賭博の街」の米ラスベガスでこのほど、タクシー運転手が後部座席に置き忘れられていた現金30万ドルを持ち主に返却する美談があった。
お金はプロのポーカー選手として有名な28歳の男性のものだった。CNNによると、男性の身元は明かされていないが、紛失にうちひしがれ、頭を撃って自殺したいとの気持ちにも襲われていたという。お金が入った茶色の紙袋についてタクシー会社に問い合わせていた。
紙袋に気付いたのは運転手のゲラルド・ガンボアさん。発見後、会社「イエロー・チェッカー・スター」の配車係に直ぐ連絡、持ち主を探すよう手配を求めた。ラスベカスのタクシー運転手は善良であることを示したかったとし、別の考えは浮かばなかったとしている。
「金額は10ドルでもそれ以上でも関係ない。私の尊厳は売り物でない」と主張。子どものころ両親に教えられたことを守っているだけとも語った。「正しいことをしただけ」とし、「ラスベカスは罪の街と呼ばれているが、それは違う。天使の街だ」と誇っている。
(1/2)