顔面麻痺になると言われて:You'll Have a Facial Nerve Paralysis.

  •  
  • 507
  • 2
  • 0
  • English 
Dec 30, 2013 21:31
 約1年前、右耳の付け根にしこりのようなものがあるのに気付いた。大きさは小指の先位で痛くなかったのでそのまま放って置いた。
その結果今では2センチ位になってしまったため、医者に行って診てもらうことにした。どんな科に行けばいいのかわからなかったので、まずはホームドクターに聞いてみた。すると、近くの病院の口腔外科(こうくうげか)に紹介状(しょうかいじょう)を書いてくれた。
 翌週の月曜日、早速(さっそく)その病院へ行くと緊急(きんきゅう)でCT検査を行うことになった。3日後、検査結果を聞きに行くと、検査設備(けんさせつび)が充実している大学病院の口腔外科を紹介された。そこではMRI、エコー、生体検査(せいたいけんさ)を行った。
そして、「あなたは、耳下腺腫瘍(じかせんしゅよう)です。悪性(あくせい)を否定できない検査結果なので、なるべく早く手術で切除(せつじょ)する必要があります。1月21日が空いているので、その日に手術しましょう。」と担当医に言われた。
手術と聞いて少し驚いたが、悪いものならとってもらうしかないと思い、「よろしくお願いします。」と私は答えた。その時は、盲腸の手術をするようなものだろうと気軽に考えていたのだ。
手術のための検査で次にドクターに会いに行った時、「顔面麻痺(がんめんまひ)」になりますよ。」と言われた。耳下腺のあたりには顔面神経が細かく通っているので、手術の際神経に接触することで麻痺が起こるというのだ。神経をとってしまわなければ、半年から1年で麻痺は治るが、腫瘍が神経にからんでいる場合は神経も切ることになるので、麻痺は一生治らないとのことだった。ショック!!!!
なんで、こんなことになってしまったんだろう?
なんで、もっと早いうちに受診(じゅしん)しなかったんだろう?
私は、一気に不安になった。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app