一生 あるいは 一分

  •  
  • 495
  • 1
  • 1
  • Japanese 
Oct 28, 2010 10:09
最近、この 表現 「一分と一生」よく言います。
一生の意味は、もし この事を やりたい・やろう と思いますのとき、実際は、終わるのはできません。
やりたい・やろう と気持ち弱いだったら、できるほしいではできない。
例えば、去年 村上春樹の1Q84 買った。そのとき、「ワー!嬉しい。絶対 読むと思います。結局は いまも 一回も 読みません。(最低!)
だから、やる気ないは、そのことは 一世 できません。

一分というのは、やる気あれれば、もし、たいへんのことも、すぐできだ。
例えば、私は 毎日 日本語の日記を 書きます。(難事)
でも、自分の脳の中に 「一生or一分」その表現は 浮き出しで、すぐに 日記を書きました。


今回のテーマ、ちょっど難しいです。同じ意味 の英語文は 説明のために 書きました。(ごめん)
1 life and I min English version:

Recently, I use this statement to push myself to do things and it works well. 

“1 life” means something that you think you will goner to do it. But that won’t happen. Because so often an excuse will follow after “you think”, On I am too busy right now, let’s do it tomorrow… So end up in your life that THINGS is just not happen.

(It sounds exaggerated but to me is quite truth) On the other hand,

“I min” means if you really want to make it happen. You have to do it NOW this min and the things will get it done. Like writing this diary each moment when I think of writing diary is really, let’s leave and later I will do it. NO, do it now or it will never happen.