一人子あるいは五人

  •  
  • 484
  • 2
  • 2
  • Japanese 
May 24, 2012 08:24
一人子あるいは五人
One kid or five kids


子供を育っていることはなんどなく大変なことです。
To raise a child is never been an easy job for any one.


でも、いまの世代には子供を生むって一人から二人まで、そのぐらい傾向にはやっています。
But nowadays our generation tends to have only one to two children.


年齢層同じの友達は子供を欲しくないも少しがいました。
Some of friends are already decided not to raise any children.


最近、このテーマ(子供)が話して、なにか面白い結論が納得しました。
Recently I have an interesting conversation with my friends on this subject.


できれば、皆様に子供を育つの視界をべつな角度を換わります。
Hopefully may change your view on raising a child.


A君は普通な中間層ですが、子供を教養のことは高いので、一人だけ育っていますが。
Friend A is a middle class with only one kid because he said raise a child is too expensive.


逆にB君は夫婦両方も働いてのに、料金にはA君一人より低いです。
Friend B and his wife together both people making less money than A.


でも、子供は五人が育っています。(10年間に五人を作りました!)
But they have 5 kids! (Making 5 children within 10 years time)


ちょっと驚いことが彼たちは精神的な表現です。
The things that amaze me are in terms of “stress level”.


A君はいつも関心すぎるような状態が現れていますが。
Friend A always worry (or should I say care) his kid.


B君はもっと苦しいかと思いきや、まったく圧力が見えませんでした。
While in B you won’t see that kind of stress at all.


実際に話してA君の子供は生活の質、B君の子供たちが比較的高いです。
In reality Kid A is having a better quality life then the 5 kids with Mr. B.


例えば英語を教えるのは外国人に一対一したり、日常食品にも高級なモノです。
Like learning English with a private foreigner teacher or eat so many good foods…


しかし、B君と彼の子供たちもずっと快いて生活を暮らしています。
But the kids with Mr. B and even Mr. B himself is much happier (by the looks) then Mr. A.


最後の一語:親のお金ように、親の「時間」は、子供を育つことを重要な一環です。
So it isn’t how much money you spend on the child that counts more importantly should be how you spend your time with your children that count.