Put you name in her shoes.

  •  
  • 571
  • 4
  • 2
  • Japanese 
May 6, 2012 17:10
一般な西洋結婚式には新婦がある風俗がよくしていますが。
In the western wedding party the bride will usually perform the following custom.


彼女は背が人たちに向こうで、手をもっているの花束は空に投げていました。
She turn her back to the crowd and through away the bunch of flowers in her hand.


もし、この花束を捕らえたの人は、新婦の祝いがもらたが、結婚にはすくなりました。
Whoever catches this bunch of flowers will have the blessing of the getting marry soon.


それはいいですけど、でも、ただ一人がその恩恵がもらった。
Is good but the downside is that only one person can be benefit.


ほかの結婚したい人たちはとうするの・・・?
What about the others who dying to getting marries?


ギリシャの結婚式はある風俗は一人以上もこの恩恵は簡単に得た。
Greece’s wedding got a better solution for those people.


新婦の靴の裏に名前を書いています。
You just write your name on the bride’s shoes.


式が終わって、自分の名前が消えてばければ次に結婚できる。
So by the end of wedding ceremonies your name in the shoes will be write-off therefore you will be getting married soon.


この方法は一人じゃなくて、たくさん人たちは新婦の祝いがもらえました。
You see in that way there will more than one person can be benefit by luck from the bride.


しかし、もし書きたいの人数は多すぎる、靴の底の面は面積が足りないとき、どうしよう?!
Sure we can try it here but what happen if one pair of shoes are not enough?