人手 人材 人物

  •  
  • 547
  • 6
  • 3
  • Japanese 
Oct 24, 2011 22:04
ある面接のとき、そういう質問を聞いていますか。
Sometime in the interview you might need to answer the below question.


人生の目標は問うですか。
What is goal/target in life?


もし、答え長くてと壮大なように、自慢過ぎるのに、相手は笑ってしまった。
Answer too long or grand will becomes bragging and might get a big laugh in return.


もし、答え短くてと簡単過ぎるのとき、準備しない気味を与えてしまった。
Answer too short or to simple might cause a bad image to the employer.


下記の「標準」答えは保険営業マンが教えてもらった。
Here is one of the model answers I learn from an insurance agent.


ヘルプかもしれないか。
Hope this can help.


彼は「三」種類の人って言いました。
He called it the “3 MAN stages”.


1. 人手・ヘルパー
最初から、新人なので、また勉強階段は、簡単だけの仕事をできるしか。(電話をこたえる、ファイルを整える。。。)
Stage one: Helper
Since you just join the company the most amount work you can contribute is just help on simple take. (Answer the phone, Sort out some file…)


2.人材・天才
時間を流れる、会社のシステムは有効に引用なので、人材をなった。もしも、個人的の上手い一面を人前へ表れて、「天才」もいいます。
Stage Two: Asset/ master piece
After a while you get familiar with the company and able to perform some good work, you become an asset to the company.
And if you were smart enough to show you smartness, you can claim to be a mater piece.


3.人物・伝説
ブルース・リーさんはカンフーの境界にもまして、伝説人物をなった。
Stage Three: Legend 
Like our greatest hero Mr. Bruce Lee he not only learning Kung-Fu but also create his own theory and make changes the whole world.


その答案はとうですか?標準なのに・・?無音?
Well, too standard? Too Hollow?...


でも、私はこの答えは納得します。
I’ll buy it.
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app