笑い話:黒人の物語

  •  
  • 301
  • 0
  • 3
  • Japanese 
Dec 18, 2017 23:04
十年前に、外国に留学できた留学生はほとんど公費を取ったが、ボーナスは授業料と家賃を払ってから、もういくらも残ってない。台湾かわの留学生一人は毎日、昼ご飯が安いバイキングで済ませている。いつかまで、レストランは黒人シェフが来た。彼はいつも台湾の留学生に他の人よりもっと多くの食べ物をあげている。初めて、この留学生はシェフがうっかりにするのかと思ていた。何回後、自分だけじゃなくて、台湾から来た留学生であれば、そのシェフの世話になった。一人で外国にいる彼らの心に暖かい気がした。渡る世間に鬼はないことも証明した。間もなく、彼はコースを履修し、帰国する前に、シェフに会うことを思わずにはいられない。目に涙が溜まっていて言った。「この間、お世話になりました。」と。 つづく
十多年前,可以到国外留学的学生大多是拿公费,奖学金被学费及住宿费瓜分后总是所剩无几,民生问题自然是随便解决。

一位台湾留学生每天中午都靠便宜的自助餐打发。

直到有一天,餐厅来了一个黑人厨师,每次他总是多给台湾留学生一些菜。

起初,这位留学生以为厨师是不小心,但几次之后,他发现厨师不只对他,只要是台湾来的留学生都受到他的照顾。

对只身在外的他们而言,这无疑是一股暖流,也证明了人间处处有温情。

不久,他终于完成学业,返国前夕,他忍不住跑去找那位厨师……

「这一段日子多亏您的照顾。」他眼框中泛著泪水。  待續
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app