小学生の作文:お父さんの料理  第一話

  •  
  • 102
  • 2
  • 1
  • Japanese 
Jun 12, 2018 23:17
  お母さんは病院へばあちゃんの面倒を見に行って、晩御飯はお父さんの料理の腕に頼るしかない。まずはお父さんが袖を巻き上げ、ちゃんと手を洗って、シェフの様子のふりをした。
  彼は卵、キャベツ、ご飯を取り出し、ガスコンロをつけ、切ったキャベツを鍋に入って炒めていながら、「チャーハンを舐めないでよ!シェフのスキルは上手か下手か、作ったチャーハンが美味しさにかかっているよ!」と言った。
  媽媽要去醫院照顧外婆,這下子晚餐得靠爸爸的手藝了。首先,爸爸把袖子捲起來,把手洗乾淨,裝出一副大廚師的模樣。
  他拿出雞蛋,高麗菜和白飯,打開瓦斯爐把切好的高麗菜放進熱鍋裡炒,一邊說「不要小看蛋炒飯,廚師的功夫好與壞,就看他的蛋炒飯好不好吃」