受精: 一個圖畫詩和對話對生死的輪迴

  •  
  • 414
  • 4
  • 5
  • Traditional Chinese 
May 6, 2017 17:22
施肥是死神的序言嗎?
和無盡的輪回隱含的每一次呼吸嗎?
我們的身體是對更高目標的一種手段嗎?
或者已經是無限擁抱我們的?
我們是否在不知不覺中已經達到了目標?

經過多年的尋找這些問題的答案,
一個結論似乎很清楚:

我們應該輕輕地呼吸,
並接受我們所知甚少,
並因為死亡已經是一個熟悉的朋友,
沒有必要害怕。
Fertilization: A poem about the cycle by of life and death.

Isn't fertilization the beginning of death,
and endless transmigration implied by every breath?
Aren't our bodies vehicles for higher goals,
or does existence embrace us already in ways indivisibly whole?
After years of searching for answers to such questions,
one conclusion seems clear:
We should breathe softly, and accept that we know little,
and since death is already present, there is also little to fear.

受精: 誕生と死の輪廻についての詩。

受精は、死への序章の一歩
呼吸は、永遠に続く魂の転生を
暗示するものなのでしょうか

私たちの肉体は、天国への
乗り物なのでしょうか

生と死の存在は、完全に両輪となり
区別さえできないのでしょうか     

何年も
答えを捜し求めた後
一つの結論が明確に見える

私たちは、ゆっくりと呼吸し
いまだ経験のない
すでに目の前にある死を
受け入れるのでしょう

なぜなら、
死は自明なるもの  
恐れは少しもありません。