今天我有幸聽取約John Stout的“Voyager”_(1985年)的第一次。

  •  
  • 398
  • 0
  • 5
  • Traditional Chinese 
May 13, 2017 19:20 John Stout的音楽、疑問
今天我有幸聽取約John Stout的“Voyager”_(1985年)的第一次。
它讓我想起了Ligeti的Lux Aeterna.
這十分鐘的片斷有神秘的聲音。
**
琳達:我的經驗太多質疑導致無所作為。
每個決定都有其優缺點, 動搖也是一種決定。
Lex: 平衡是什麼是必要的。當然質疑沒有什麼是愚蠢的。然而無休止地質疑一切同樣荒謬。
羅恩: 呃!分析很乏味。既然我們的理解永遠不完美,這也令人沮喪。
**
摘要:這是一個談話和一首關於一個如何誕生和死亡一起去的詩。
關鍵詞:形而上學,輪迴,批判性質疑,不可知性,
Today I had the pleasure of hearing John Stout's _Voyager_ (1985) for the first time.
It reminds me of Ligeti's _Lux Aeterna_ and there is an unearthly quality to this 10-minute composition.
**
Linda: My experience is that too much questioning leads to inaction.
Every decision has it merits and demerits, and vacillation is also a sort of decision.

Lex: Balance is what's needed. Certainly questioning nothing is foolish.
Yet questioning everything endlessly is equally absurd.

Ron: Ugh! Meta-analysis is so tedious. And since our understandings are never perfect,
it's frustrating as well.
**
SUMMARY: This is a conversation and a poem about a how birth and death go together.
KEYWORDS: transmigration, metaphysics, mindfulness, unknowability, critical questioning

今日、ジョン・スタウトの1985年の作品「ボイジャー」を初めて聞いて喜びました。
それは聴くとLigetiのLux Aeternaを思い出させ、この10分の構成に不思議な音色があります。
**
リンダ: 私の経験には、疑いすぎてと身動きがとれなくなってしまうのでしょうね。すべての決定には長所と短所があり、そして浪費はまた決定の一つであります。
レックス: バランスは、必要ではありませんか。確かに、何にも疑問を持たないのは愚かなことだよ。しかし、すべての事に際限なく疑問を持つのも、馬鹿げています。
ロン: あーあ、分析ってとても退屈!それにイライラさせられるよ!
**
概要: これは、死と生がどのように一緒になるかについての詩と会話であるます。
キーワード: 形而上学、輪廻、不可知事、批判的な質問、マインドフルネス、批判的な尋問