「讓人們閉嘴的最好方法是讓他們感到愚蠢。

  •  
  • 113
  • 4
  • 6
  • Traditional Chinese 
Dec 7, 2019 21:04 清水健太郎、

「讓人們閉嘴的最好方法是讓他們感到愚蠢。
它甚至比審查制度更好,
因為幾乎可以保證人們能堅持住舌頭…
我的建議是培養較厚的皮膚。
別讓別人告訴你什麼是什麼。」

- 魯特格·布雷格曼(2017年,第262、263頁)
***
我喜歡清水健太郎(SHIMIZU Kentaro)在他的許多畫作中帶來一種神奇感的方式。
至少在滿月照耀的時候,他似乎並不畏懼切斷邏輯的束縛。
***

摘要:一首將當前衝突與未來可能性對比的圖畫詩。
摘要:一個數字圖像,詩歌和對話,關於每個人的多重身份。
關鍵字:多面身份、身份理論、模塊化意識、子自我

"the best way to shut people up is to make them feel silly.
It’s even better than censorship,
because people are almost guaranteed to hold their tongues...
my advice is to cultivate a thicker skin.
Don’t let anyone tell you what’s what."
- Rutger Bregman (2017, Pages 262, 263)
***
I like the way that Kentaro SHIMIZU brings a sense of magic into many of his paintings.
He seems unafraid to cut the tethers of logic, at least when the full moon shines.
***
Summary: A graphic poem contrasting present conflicts with future possibilities.
Summary: A digital image, poem and dialog about the multiple identities within each person.
Keywords: multifaceted identity, identity theory, modular consciousness, sub-selves


「人を黙らせる最善の方法は、彼らを愚かな気分にさせることだ。
それは、検閲よりいっそうよい。
なぜなら、人々は舌を保持することがほぼ保証されているからです…
私のアドバイスは、より厚い皮膚を栽培することです。
誰にも問題はこれが何かだに言わせてはならない。」
- ラトガー・ブレグマン(2017年,262、263頁)
***
私は、清水健太郎が多くの絵に魔法を持ち込むのが好きです。
少なくとも満月が輝くとき、彼は論理のテザーをカットすることを恐れていないです。
***
概要:現在と将来の可能性と対照的なグラフィック詩。
概要:各人の中のマルチプルアイデンティティに関するデジタル画像、詩、対話。
キーワード:多面的アイデンティティ、アイデンティティ理論、モジュラー意識、サブセルフ
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app