日本の文学

  •  
  • 47
  • 0
  • 2
  • Japanese 
Jun 12, 2019 23:26
日本の文学
日本人は古代から自然の美しさや季節の移り変わりを愛して、その愛情溢れた心を文学作品に写します。
日本文学の歴史は極めて長くて、最初の作品が7世紀までさかのぼります。奈良時代に中国から漢字が輸入されたから、漢字で書かれた最初の「古事記」や「日本書紀」や「万葉集」のような作品が生まれた。
平仮名が盛んに始まって、紀貫之の「土佐日記」、清少納言の「枕草子」、紫式部の「源氏物語」など古代文学の代表作品が書かれました。
日本文学にとって和歌という侍が大切なものです。世界で有名な短歌と俳句も和歌の種類であります。松尾芭蕉や小林一茶が最も優れた詩人だと言われています。
江戸時代になって、井原西鶴などの作家は一般市民や町人の日常生活について語りはじめました。また、歌舞伎や浄瑠璃が栄えて、近松門左衛門が脚本作家として人気を博しました。
明治維新とともに新しい文学のがおしよせてきました。夏目漱石、樋口一葉などの偉大な文学者が全世界に広く知られるようになりました。そして、現代文学者の作品は、日本だけでなく、海外でも人気が高くて、川端康成、村上春樹、大江健三郎などの小説は多くの外国語にも翻訳されて、愛読されています。