日本の教育制度

  •  
  • 52
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Jun 12, 2019 02:34
日本の教育制度
日本の教育制度は3つの階段からなっています。第一目は義務教育である小学校と中学校で、6歳から15歳までの9年です。次は3年の高等学校です。義務教育を受ける人率はほぼ100%で、高校への進学率は97%です。現在、高校へ進学するのはあたりまえという感じです。
日本の第二次教育はよしあしだと思います。ほかの国と比べて、学力検査の結果によると、日本の学生はレベルが高いです。一方、日本の教育に知識偏りがあるとされています。それは個性や想像力を伸ばすより、知識を吸収したり、テストや試験に高い成績を受けたりしたほうはいいという傾向です。
そして、第三目の階段は高等教育。大学は4年です。それから、2•3年制の短期大学や専門学校もあります。第三次教育を受ける人率は約5割です。
大学に入るために、学生たちは入学試験を受けなければなりません。国公立大学の場合は、学生は全大学共通の試験と各大学の二次試験を受けます。私立の場合はその大学特別な試験を受けます。もし入学試験に落ちたら、次の年もう1回受験してみます。こういう学生は「浪人」と呼ばれています。
日本の高等教育の特徴について言えば、学生は大学に入るために一生懸命に勉強しますが、入ってしまうと、勉強より学生生活を楽しむ学生が多いんです。