How the Japanese Castles were Decommissioned (12)

  •  
  • 24
  • 1
  • 1
  • English 
Aug 14, 2019 16:17
In 1854, the Tokugawa Shogunate conclude the commercial treaty with the United States.
After that, the Tokugawa Shogunate concluded to similar treaties against UK, France, Netherlands, and Russia.
However, those treaties were unfair for Japan.

At that time, the Tokugawa Shogunate adopted the traditional regime scheme that was similar to a federal system by 300 feudal lords.
In addition, the Tokugawa Shogunate adopted a strict class system that the samurai class monopolized the member of the government.
However, many excellent retainers of feudal lords who was located in the western area thought that establishing the strong centralized regime was essential for Japan in order to confront powerful foreign countries.
They supported the emperor as a leader of next regime, then they promoted a campaign to overthrow the Tokugawa Shogunate.
As a result of that, the Tokugawa Shogunate returned their political power to the emperor in 1867.
It meant end of the era ruled by samurai class since the Kamakura Shogunate.

(To be continued)
どのように日本の城は城としての役割を終えたか(12)

1854年に徳川幕府はアメリカと通商条約を締結しました。
その後、徳川幕府はイギリス、フランス、オランダ、ロシアと同様の条約を締結しました。
しかし、それらの条約は日本にとって不平等なものでした。

その当時、徳川幕府は300名の大名による連邦制に似た伝統的な政権のスキームを採用していました。
その上、徳川幕府は武士が政府のメンバーを独占する厳格な身分制度を採用していました。
しかし、西方の大名の多くの優秀な家臣達は、日本が強力な外国と対峙してゆくためには強力な中央集権的な政権が不可欠であると考えていました。
彼らは次の政権の盟主として天皇を擁立し、徳川幕府を倒す運動を推し進めました。
その結果、1867年に徳川幕府は政権を天皇に返上しました。
それは鎌倉幕府からの武士による支配の時代の終わりを意味しました。

(続く)