京都市 空き缶条例 (a homeless problem in Kyoto)

  •  
  • 905
  • 2
  • 1
  • English 
Sep 28, 2010 07:45
I watched TV news program while I was at dinner yesterday.
昨日の夕飯時(きのうのゆうはんどき)、テレビをみてました

The news program showed the local bill was going to be passed but did you think it was justice.
ある条例(じょうれい)の可決と、問題じゃないかというものでした

The connected article is below
以下が関連記事です

京都市が空き缶(あきかん)などの資源ゴミ(しげんごみ)の持ち去り(もちさり)を禁止(きんし)する条例改正案(じょうれいかいせいあん)を議会(ぎかい)に提案(ていあん)したことに対して、ホームレスの支援(しえん)に取り組む団体のメンバーらが反対の署名活動(しょめいかつどう)を行いました。
The administration at Kyoto city proposed a prohibition bill for taking away cans at streets to the congress, but the onbsmen who help homeless people gathered and collected sings to object the bill at center of Kyoto city.


In the TV show, a homeless man's activity was recorded. He lost his job in this recession and now lives besides a river and lives hi life be collecting cans all day long by bicycle twice a week. He earns 4000yen a day, only 40000yen a month.
テレビではある路上生活者(ろじょうせいかつしゃ)の一日を追っていました。彼は不況(ふきょう)のおり仕事(しごと)を失い、河原(かわら)に住み日中は自転車で空き缶拾いをして一日あつめて4000円の収入を得ていました。でも毎月4万円にしかなりません

The local bill was aimed to prohibit illegal acts.And Kyoto city seemed to get back revenue from the illegals. But the loss of revenue was not due to the personal homeless actions apparently.
条例は違法禁止目的です。そして、違法者から収入を取り返したいようでした。でも、減収がそうした個人のホームレスのせいでないことはあきらかです。

The TV announcer told the proposal lack the delicacy, for example, the prohibition should be limited to illegal company not to personal.
アナウンサーは条例案はきめ細かさが無い、たとえば、悪徳業者を対象にして、個人ははずすなどすべきではといっていました

I agreed with him.
同感でした

Thank you for reading and corrections.