2016年 中国のネット流行語のトップは……?

  •  
  • 162
  • 2
  • 2
  • Japanese 
Dec 17, 2016 01:23
雑誌「咬文嚼字」はオフィシャルなマイクロブログ(≒ツイッター)で今年中国のネット流行語のトップ10を発表しました。

さてと、その一部の出典を遡りましょう。

「洪荒之力」(先史の力)
オリンピック選手の傅园慧(フーユェンフィ)さんは試合の後、インタビューで「力を保って競りましたか。」と問合せられました。
傅园慧さんは「全く保たなかった!先史の力まで使っちゃった!!」と言い返しましたうえに「超満足」と言った。
そのユーモアな言葉も彼女を大人気を成らせました。

「吃瓜群众」(スイカを食べてる人々)
スレでリプライしたがそのスレの内容を知らぬ人々。

「小目标」(小さな目標)
中国の一番のお金持ち王さんは「初めで小さな目標を設定したほうがいい。例えば、1億を稼ごう。」と言った。
彼としての小さな目標は一般人として不可能というから、皮肉の意味もついています。

「套路」(策略コンビ、combo)
元々ゲーム用語でした。今は策略コンビという。
例えば、好きな人を「君の名は。」に誘って恋をするのは策略コンビです。
「套路」は素晴らしい策略しなければなりません。
《咬文嚼字》杂志在官方微博公布了2016年十大流行语。

让我们来追溯其中一部分的出典吧。

【洪荒之力】
奥运选手傅园慧在赛后接受采访时,被问及“是否有保留实力”。
她回答说:“没有!我已经用了洪荒之力了!”,还说对自己的成绩“很满足”。
幽默的用辞使她获得了大人气。

【吃瓜群众】
回帖但是对其内容毫不知情的人。

【小目标】
中国首富王健林说“先定个小目标,比如挣他个一个亿。”
对他来说的小目标对一般人来说不可能。所以这个词也有讥讽的意味。

【套路】
本来是游戏用语,现在表示富含策略的连续技。
比如说,约喜欢的人去看“你的名字。”,然后谈起了恋爱就是套路。
套路一定要是令人叹为观止的连续技。