010年に ”Never Let Me Go”はKeira KnightleyとCarey MulliganとAndrew Garfi...

  •  
  • 257
  • 3
  • 3
  • Japanese 
Apr 28, 2016 16:31
010年に ”Never Let Me Go”はKeira KnightleyとCarey MulliganとAndrew Garfieldしゅえん 映画化されました。そのイギリスの映画はとても美しくて、三人の若いはいゆうはとても上手です。しかし、映画はあまり人気がありませんでした。たぶんとてもうっとうしかったですから。それは げきてきで、クローンが悪い制度にはんげきすることについての物語なのではありません。特に男性はその映画を見に行きませんでした。


今年、日本のTBSは「私をはなさないで」というあやせ・はるかとみるあ・はるまとみずかわ・あさみしゅえんドラマシリーズを見せました。英語の名前はきょうことともひことみわに変えられました。ドラマシリーズもなかなかうつくしくて、最初のエピソードから、私は悲しいドラマに心で引かれました。あやせさんはコメディーで、一番有名ですが、彼女の親切で、あまんじたきょうこはすごいです。
私はあやせさんから目をそらすことができませんでした。
みるあ・はるまは「しんげきのきょじん」のようなアクション映画で有名なのに、「私をはなさないで」でもすごいです。
もちろんドラマシリーズは映画よりとても長いです。それで,
シナリオライターはいくつかのシーンを入れました。 でもそのシーンは本の気持ちをあまりよく伝えまないので、私は、シナリオライターは本があまりよくわからないと思いました。もしかしたらシナリオライターは非常に悲しい話を明るくすることが必要だと思ってかもしれませんでした。
In 2010, the book was made into a movie starring Keira Knightley, Carey Mulligan and Andrew Garfield. The english film is very beautiful and the three young actors simply wonderful. However the film was not very popular. Probably because it is so depressing. This is not an uplifting story of clones fighting an unethical system. Men in particular, stayed away from the film.

This year Japan's TBS screened a televeision series called “私をはなさないで starring Ayase Haruka, Mirua Haruma and Mizukawa Asami. The english names were changed to Kyouko, Tomohiko and Miwa. The series is also quite beautiful and from the first episode draws you into sad story. Ayase is best known for her comedy roles, but she is brilliant as the caring and resigned Kyouko. It was hard to take my eyes off her. Mirua Haruma is best known for action movies such as Attack on Titan but he's also wonderful in Never Let Me go. The series is of course much longer than the film and the writers added a few extra scenes. Because these films don't convey the sentiment of the book, they make me think that the screen writers didn't entirely understand the book, or perhaps they thought they had to brighten the very sad story.